蚊に刺された後のかゆみの原因と期間はどのくらい?

蚊に刺された後って、滅茶苦茶かゆいですよね。。

それにしても、蚊に刺された時って、

何であんなにかゆいんでしょうかね?

今回は蚊に刺された時にかゆくなる原因と、

かゆみが一体どれだけ続くのか?期間について調べてみました。

スポンサーリンク

蚊に刺された後のかゆみの原因

蚊は、皮膚に針を指してから、最初に唾液を注入します。

蚊の唾液には2種類の効果があって、

  • 傷みを感じさせない麻酔のような成分
  • 血液が固まらないようにして吸う時間を短縮する成分

この2つの効果があります。

かゆみの原因は、蚊の唾液です。

なぜなら、蚊の唾液成分には、

人間の体内に入るとアレルギー反応を起こすからです。

そのため、蚊に刺されたところは、かゆくなるのです。

ちなみに、唾液を注入するスピードは、

およそ15秒ほど。

つまり、唾液を注入されないためには、

15秒間で、蚊に気づいて

刺されないようにする必要がある、という訳です。

さらに言えば、蚊は血を吸い終わるまでは

2分30秒ほど掛かるのですが、

その間に1箇所だけを指すことをは稀です。

要するに、人間が動いた瞬間に蚊は吸うことを止めるのですが、

別の場所でまた、同じことをします。

そうすると、1匹でも蚊に刺された箇所が複数個に増える

なんてこともあり得ます。

スポンサーリンク

かゆみが続く期間はどのくらい?

では、仮に刺されてしまったとして、

かゆみが続く期間は、どのくらいなのでしょうか?

これは、一概には言えません。

  • アレルギー体質
  • 注入された唾液の量

などによっても、違うからです。

とはいえ「一般的にはどのくらい掛かるのか?」というと、

3日程度で治まる場合がほとんどです。

ですが、アレルギー体質の方であれば、

1~2週間経ってもかゆみが治まらない場合があります。

蚊に刺された後のかゆみには2種類ある

余談ですが、実は蚊に刺された後のかゆみは、2種類存在します。

  1. 数時間で治まるかゆみ
  2. 数時間後から翌日以降に出るかゆみ

この2つです。

まずは刺されてすぐに出るかゆみの原因について。

原因はヒスタミンが理由でかゆくなると言われています。

ヒスタミンは、

痛みや痒みを知覚する“知覚神経”というところに、直接作用します。

そのため、蚊に刺されたところは、

かゆいと知覚するのです。

2番目の理由は、今のところよく分かってないそうです。

が、何らかの影響で白血球から

炎症やかゆみを起こす物質が出るため、かゆくなるのだとか。

この2種類のかゆみがあることから、

すぐにかゆみが治まったと安心するのではなく、

翌日も酷いかゆみに悩まされないよう、先んじて対策を施すといいです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す