七五三はいつ?11月生まれや早生まれは?7歳で男の場合は?

七五三を行う上で、

今年の七五三は行うのか?

迷うこともありますよね。

そこで今回は、

「いつ、七五三をいつ行うのか?」

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

七五三はいつ行えばいい?

まず、七五三はいつ行えばいいのか?

ということについて、調べてみました。

基本的に七五三といえば、11月15日ですが、

この日に拘る必要は無いとのこと。

大体10月~11月にかけて、

都合のいい日に七五三を行うことが、

一般的なようです。

ですが、七五三の準備に時間を掛けている親も多く、

特におじいちゃんおばあちゃんの世代では、

口を酸っぱくして言うことも。

早い人では、お盆前から準備するそうですが、

基本的に9月頃から準備をし始めれば、

十分かと思います。

遅くても、10月頃までに準備をしましょう。

スポンサーリンク

七五三で11月生まれや早生まれはいつ?

次に、11月生まれの場合や、早生まれの場合は、

いつ、七五三をおこなうのでしょうか?

これも難しい質問ですよね。

なぜなら、数え年で行う場合と、

満年齢でお祝いする場合があるからです。

例えば、数え年の場合、

生まれた年を1才と考えます。

2014年に七五三の数え年でお祝いする場合は、

  • 7才は2008年生まれの子
  • 5才は2010年生まれの子
  • 3才は2012年生まれの子

が、七五三にあたります。

しかし、満年齢で七五三を行う場合、

  • 7才は2007年生まれの子、
  • 5才は2009年生まれの子、
  • 3才は2011年生まれの子、

と、1年早くお祝いする事になります。

では、肝心の七五三は、

何才に行えばいいのでしょうか?

基本的に、風習を重んじる人からすれば、

数え年で行うのが一般的です。

とくに、祖父母たちに、

くどくどと説教されるのが嫌なのであれば、

数え年に七五三を行いましょう(笑)

ですが、神社の人のお話では、

満年齢でもダメということはないので、

最適なタイミングでお祝いする事が良いそうです。

早生まれの子の場合の七五三は?

次に、早生まれの場合は、

いつ、七五三を行うのでしょうか?

これも、結構迷うかと思います。

基本的に早生まれの場合は、

4月~12月までの人とは違って、

次の年に七五三を行うのが一般的です。

これも、数え年のルールの一つです

(元旦に1才ずつ、加えていく)。

なので、仮に12月31日に生まれた場合、

1月1日には、2才ということになります(笑)

1月~12月までがひとまとまりと考えて、

今年は2012年生まれの早生まれのお子さんが、

七五三を行うことになります。

男子や女子の七五三の場合は?

最後に、男の子の場合と、女の子の場合、

七五三はいつ、行えばいいのでしょうか?

これも意外と忘れがちです。

基本的に男の子の場合は、3才と5才。

女の子の場合は、3才と7才のときに、

七五三を行います。

なので、仮にもし7才で男子の場合は、

七五三を行う必要はありません。

ただし、これは地域によって多少異なるようなので、

ケースバイケースのようです。

そのため、事前に下調べをしておくことも、

重要かと思います。

七五三に関する、こちらの記事も良ければどうぞ。

→七五三の写真を姉妹で撮る場合は?予算はどのくらい?

スポンサーリンク

コメントを残す