防災の日っていつなの?防災の日になった由来とは?

毎年、ある日に行われる防災の日。

しかし、防災の日がいつ頃行われるのか?

おぼろげに覚えていても、いつなのか思い出せないですよね。

また、防災の日が行われるようになった由来については、

知らない人も多いはず。

そこで今回は

  • 防災の日はいつなのか?
  • 防災の日の由来

について、説明していきます。

スポンサーリンク

防災の日はいつ頃なの?

防災の日は、いつ頃行われているのでしょうか?

防災の日は、1960年に政府が策定したため、

毎年9月1日と決まっています。

ちなみに、その20年後の1982年あたりからは、

9月1日を含めた8月30日~9月5日までを、

「防災週間」と定めています。

しかしなぜ、9月1日にきまっているのでしょうか?

それに関しては、

防災の日の由来に関係してくるところです。

防災の日になった由来とは?

さて、防災の日になった由来ですね。

なぜ、9月1日が防災の日になったのでしょうか?

防災の日の由来には、2つの理由があります。

  1. 1923年に起きた地震
  2. 1959年に起きた台風

この2つですね。

では、それぞれ説明していきます。

スポンサーリンク

1923年に起きた地震が防災の日の由来に?

まず、大正12年(1923)年の9月1日に起こったことと、

関係しています。

かなり昔の話ですので、

分からないかも無理はありませんね^^;

9月11日の午前11時58分に、

震度7の大地震が、ある場所で起きました。

それが「関東大震災」です。

内閣府のデータによると、

9月1日に起きた地震のマグニチュードは7.9。

この地震により、

105,385名もの方が、お亡くなりになりました。

1959年に起きた台風が由来?

また、防災の日の由来は、

1959年に起きたある出来事にも、関係しています。

1959年には、伊勢湾台風が9月26~27日にかけて、

日本列島を襲いました。

この伊勢湾台風も、

4,697名もの人が命を落としてしまった、

甚大な被害があった台風として、知られているところです。

また、台風は8月から9月にかけて、

統計上多いことも、理由の一つになっています。

上のグラフをみて頂ければ、

9月に台風が多いことが分かりますね。

この2つの理由から、

多くの国民が地震はもとより多くの災害について、

「認識と備えを強化しよう!」ということで、

1960年に閣議決定されたのが、防災の日なのです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す