大阪・横浜で防災の日に行われるイベントは?

9月1日は防災の日です。

この防災の日は、防災に関する知識を得て、

その備えをするために設けられた日です。

しかし、防災の日と言っても、

なにもイベントがなければ、

意識することもありませんよね^^;

そこで今回は

大阪や横浜で行われる防災の日のイベント

について、説明していきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

防災の日に行われるイベント

防災の日のイベントは、大きい物で2つあります。

  1. 横浜防災フェア
  2. 大阪880万人訓練

この2つですね。

では、それぞれ説明していきます。

防災の日のイベント1:横浜防災フェア

横浜防災フェアは、毎年赤レンガ倉庫で行われている、

防災のイベントの一つです。

→赤レンガ倉庫のサイトはこちら

過去に行われたイベントでは、

  • 災害用の非常食を試食できるイベント
  • ライブラジオのイベント
  • 防災指導車で震度7の地震を体験するイベント
  • 応急処置やAEDの使い方の体験イベント
  • 放水のデモンストレーション
  • ヘリコプターでの救助のデモンストレーション
  • 子どもの工作教室イベント
  • サバイバルカードの制作イベント

などが行われていました。

AEDや応急処置って、

私達が普段生活している上で、あまり馴染みのないものですので、

こういったイベントで使い方を知っておくと、

良いかもしれませんね。

また、備蓄食料をこの機会に食べておくと良いですね。

災害になってから、

「この食料本当に食べて大丈夫なのか?」

と食べるのに抵抗がある場合は、

特に食べておくと良いでしょう(笑)

また、この日は24時間テレビと連動して、

募金活動も行なっているようです。

チャリティーグッズの販売も行われているので、

興味のある方は、行ってみると良いかもです。

24時間テレビに合わせてなのかは分かりませんが、

日程は8月下旬に行われることが、多いようですね。

(2013年は8月24・25日。

2014年は8月23・24日に行われていました)

スポンサーリンク

防災の日のイベント2:大阪880万人訓練

大阪880万人訓練というのは、

毎年9月頃に地震が発生したと想定して、

大阪府民全員が避難訓練を行うというものです。

具体的には、防災無線でアナウンスを流したり、

携帯電話に緊急地震速報のメールを配信したりと、

実際に地震が起こった際に配信する情報発信を行います。

その後、現在いる場所や地震の状況に合わせて、

避難区域まで避難するという、かなり実践的な避難訓練です。

→大阪880万人訓練についてのサイトはこちら

ここまで大掛かりな避難訓練をするのは、

凄いことだと思います。

でも、こういった避難訓練は必要ですよね。

実際に避難訓練をしていなければ、

いざって時にどこに避難すればよいのか?分かりませんし…。

今のところ日本で行われている防災の日にちなんだイベントは、

この2つが大きなイベントです。

防災の意識を高めるためにも、1度参加してみると良いですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す