ハロウィンのお菓子はどうする?コストコや人気のお菓子!!

最近の日本では、クリスマスを祝う前に、

海外のようにハロウィンを楽しむケースも増えているようです。

ハロウィンと言うと、ほとんどのテーマパークなどでは、

夏のイベントが終わった9月頃から、かぼちゃなどの飾り付けをしていることが多いようですが。

実際のハロウィンは、10月31日のことを指し、

海外では、この日に盛大なお祭りをしているようです。

この時に、子供たちは仮装をして

「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」と叫びながら、近所の家を訪問します。

そのため、ハロウィン用に大量のお菓子を用意して待っている家も少なくありません。

しかし、ハロウィンのお菓子とは、どのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ハロウィンのお菓子として人気があるものは?

海外のハロウィンでは、

元々は仮装をするにしても、ゴーストなどが多かったため、

ハロウィン用のお菓子としては、少しグロテスクなものもあります。

例えば、指の形をしたキャンディーやクッキー、目玉のチョコレートなどがあります。

それに、ハロウィン用に、クッキーやケーキを焼く際にも、

かぼちゃを材料に使用したり、

アイシングでこうもりやお化けの絵を描く人もいるようです。

こういったハロウィンのお菓子は、子供にも人気ですが、

大人でも楽しめるようなタイプのものも沢山あり、

日本でも、ハロウィンパーティーなどで、このようなお菓子を用意する場合もあります。

ハロウィンのお菓子には業務用のものもあります!

ハロウィンのお菓子は、

どうしても手作りでは材料費が高くなる恐れもあります。

子供たちのハロウィン用に、大量にお菓子を購入する際には、

業務用のものを利用すると言う人もいるようです。

ハロウィンの業務用のお菓子としては、

キロ売りのものも多くあり、

特に飴やクッキーなどは、ハロウィン仕様の袋に入っているものもありますので、

個別で買うよりも、かなり安くなります。

そのため「出来るだけ出費を抑えたい!」と言う人や、

保険の営業などの仕事で、ちょっと得意先にお菓子を配る際にも、

このような飴やクッキーならば、とても便利です。

また、何個かまとめてラッピングされているタイプのお菓子もありますので、

ハロウィンパーティーなどで、お世話になった人に渡すのも良いですね^^

人気のコストコにもハロウィンのお菓子がある

近頃では、よくメディアにも取り上げられている海外の大型スーパーと言えば、

コストコがあります。

コストコでは、海外のお菓子なども販売しており、

売り切れることも多いリンツのトリュフチョコレートボールアソートや、

サクサクで美味しいプチパルミエールクッキーなど、ちょっと珍しいものも扱っています。

ハロウィン用のお菓子としては、

ビッグサイズのパンプキンパイやハロウィンカステラなど有名なものもあり、

パーティーにぴったりのサイズです。

コストコの大きなサイズであれば、皆で切り分けて食べることも出来ますね。

もちろん、ハロウィンカステラなどは、可愛くラッピングして、

子供に渡すのも良いですし、

沢山入ってお得なハロウィンバレルプレッツエルや、ハロウィンチョコレートなどもありますので、

このようなお菓子を利用するのも良いかと思います。

ハロウィンのお菓子のラッピングはどうする?

大きなお菓子を切り分けたりして、個装にする場合、

ラッピングなどが必要となりますよね。

このラッピングの袋やリボンなどは、100均でも販売しています。

多くの可愛い袋や包装紙、リボンなどもありますので、

ラッピングにお金を掛けずに、可愛く仕上げることも出来ます。

また、ジャックオランタンやこうもりのシール、マスコットなども、

100均で販売していますので、

ラッピングのリボンにちょっと差し込んで、アクセントにするのも良いでしょう。

他にも、可愛いハロウィン仕様のマグカップなどもあり、

このマグカップにお菓子を入れて、ラッピングするのもお洒落で良いですね。

ちょっと持ち運ぶのには重たくなりますが、

自宅でもマグカップを使うことが出来ますので、とても便利ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す