気になるこたつの電気代!!どうすれば節約出来る?

寒い季節になると、足元から暖かくなるこたつが恋しくなるものです。

そのため、冷えてきたら、すぐにこたつやこたつ布団を出すと言う家庭も少なくありません。

けれど、冬は暖房費が掛るため、

「こたつの使い過ぎが心配だ…」と言う人も多いようです。

このこたつの電気代ですが、

一体どれぐらいのお金が掛かり、また、節約する方法などはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

600Wのこたつの電気代の場合はどうか?

家庭用のこたつの場合には、消費電力は最大で600Wのタイプがほとんどであり、

1時間あたり5円ほどのお金が掛かります。

こたつの電気代は意外と安く、

1日使ったとしても、200円を切る計算になります。

このようなことから、冬の暖房器具としては、

こたつをメインとして使うのもおすすめです。

また、電気代を安くするには、

電気料金のプランの見直しをするのも良いかと思います。

在宅時間に合わせて、電気代が安くなるようなタイプのものもありますので、

600Wのこたつならば、今の電気代よりも、もっと安く電気代を抑えることも出来ます。

もし、興味があるならば、いろんな電力会社のサイトで調べてみるのも良いでしょう。

こたつの電気代の節約方法と他の暖房器具との比較について

それに、こたつの場合には、上記にも挙げたように、

暖房器具の中では、電気代がかなり安いため、

メイン暖房として使うのも良いことです。

他の暖房器具と比較すると、まず、冷暖房機能つきのエアコンの場合ですと、

1時間で5円程度であり、1日使用しても120円前後であることが多いようです。

使っているエアコンのタイプにもよりますが、

広い部屋を暖めるならば、かなり電気を使いますので、電気代もやや高くなります。

けれど、それでも200円を切る場合が多いため、

こたつと並び、エアコンも冬の暖房としてフルに使用しているケースも少なくありません。

他には、電気ストーブを挙げてみますが、

これは300~1200Wほどに種類が分かれており、

1日あたりの電気代としては、90~300円程度になります。

また、300Wの電気ストーブならば、

コンパクトタイプですので、あまり部屋を暖めることが出来ません。

そのため、どうしても900~1200Wのタイプのものを、

部屋の暖房としては使う機会が多くなるのではないでしょうか?

このようなことから、電気代が気になる人には、

電気ストーブは、あくまでも補助の暖房として使うほうが良いかも知れません。

また、こたつを使用する際には、熱が外に出ないように、

下に断熱シートを敷くのも良いかと思います。

断熱シートを敷くことで、こたつの熱が中にこもりますので、

温度を弱くしても充分に暖まり、電気代の節約にもなります。

この他にもこたつの電気代を安くする方法は?

上記のように、エアコンや電気ストーブとも比較してみましたが、

やはりこたつの電気代は安いものです。

しかし、この安い電気代を、もっと節約する方法もあります。

まず、手軽に出来るものとして、

こたつを使用する際には、温度調節は常に弱にしておくことをおすすめします。

こたつの弱ならば、電気代は1時間あたりで2円ほどですので、

かなり安く電気代を抑えることも可能です。

また、こたつを置いてある部屋の窓やドアなどは、

外からの隙間が出来ないように、しっかりと寒さ対策をする必要があります。

もし、隙間などが開いていると、部屋が寒くなりますので、

こたつを使っても寒く、温度調節も強にしてしまいがちになります。

このようなことから、隙間シートなどを利用して、

窓やドアなども、ぴっちりと隙間対策をしましょう。

無印良品のこたつの電気代はいくらぐらい?

また、お洒落な女性に人気と言えば、

無印良品などが有名ですが、こちらの無印良品でも、こたつを販売しています。

ナチュラルでシンプルな木目調のタイプの物が多く、

どんな部屋にもマッチする造りとなっています。

それに、無印良品のインターネット通販で扱っているこたつを例にすると、

1日あたりの電気代が4円を切るタイプのこたつも販売しています。

そのため、電気代を安くしたいと言う人にも、無印良品のこたつはおすすめです。

ただ、電気代が安いタイプのものは、やはりワット数が小さくなります。

それでもフラットタイプのヒーターを利用しているタイプがほとんどのため、

こたつの中をまんべんなく暖かくしてくれます。

フラットタイプならば、脚元も邪魔になりませんし、価格も2万前後ですので、

手頃なこたつを探している場合には、無印良品のこたつも良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す