赤ちゃんのお風呂の入れ方!!赤ちゃん用の浮き輪は使える?

初めての赤ちゃんの場合には、新米のお父さんやお母さんも、

やはり育児に戸惑うことも多いようです。

中でも、初めて赤ちゃんをお風呂に入れる際には、

  • 「湯船に落としたらどうしよう・・・」
  • 「ちゃんとお風呂に入れることが出来るか心配・・・」

などと言う心配もあるようです。

赤ちゃんの入浴方法は、

事前に産院で講習がある場合も多いようですが、

実際に行うのと見学するのでは、

「具体的にはどのような方法を取れば良いのか?」少し分かりにくいものです。

そのため、赤ちゃんのお風呂に必要なものなども、

どうすれば良いのか分からないと言うお父さんやお母さんもいるようです。

スポンサーリンク

お風呂に赤ちゃんを入れる際に必要な用意とは?

まず、赤ちゃんを出産した産院などでは、

ほとんどの場合には、新米のお父さんやお母さん向けに、

簡単な育児書などを配布してくれる場合もあります。

この育児書には、赤ちゃんのお風呂に必要なものが書いてあることもあります。

なお、赤ちゃんのお風呂には、

  • ベビーバス
  • 赤ちゃん用の石鹸
  • ガーゼ
  • 赤ちゃんの着がえ

などがあると良いと思いますが、

この時に気をつけないといけないこともあります。

赤ちゃんのお風呂グッズはこんな点に注意!

まず、ベビーバスですが、

これはバスのお湯が抜けるように、

簡単な栓がついているタイプのものがおすすめです。

簡単な栓が付いているベビーバスであれば、

お風呂のお湯の入れ替えなどが簡単に出来るため、

汚れたお湯を抜いて廃棄し、

その後に綺麗なお湯を入れることも出来ることできます。

また、ベビーバスを持ちあげて

お湯を廃棄しなくても大丈夫ですので、身体にも負担が掛りません。

ベビー石鹸も泡タイプのものを選ぶと良い

ベビー石鹸も固形タイプのものですと、

泡を立てるも大変です。

赤ちゃんを洗っている時には、そのような暇もありませんし、

出来るならばサッと赤ちゃんを洗いたいものです。

このようなことから、

最初から泡で出てくるポンプタイプのものを使用するのもおすすめです。

それに、ベビー石鹸だけで身体と頭が洗えるものだと、

一気に全部洗えますので、赤ちゃんのお風呂が楽になりますよ。

普通のお風呂の場合の赤ちゃんの入れ方とは?

赤ちゃんのお風呂の入れ方と言っても、個人差があるため、

どれが正解で、どれが間違いなのかなどとは、あまりはっきりとは分からないものです。

ただ、ベビーバスから、普通のお風呂を使っての入浴の際には、

いきなり大きな浴槽になりますので、うっかり落としたりすると、

赤ちゃんが溺れたりする可能性もあります。

そのため、出来るだけ慎重に赤ちゃんを入れるようにしましょう。

普通のお風呂で赤ちゃんを入れる方法としては、

最初に赤ちゃんの身体を洗い、湯船に入れるだけですので、

ベビーバスを使ったものとあまり差はありません。

また、普通の浴槽だと、お父さんやお母さんも、

赤ちゃんを抱っこして、一緒に入ることが出来ます。

そのため、親も同時にお風呂に入ることが出来ますし、

ベビーバスを洗うなどの、面倒な片づけもありません。

このようなことから、赤ちゃんだけの入浴よりも、

湯船に一緒に浸かる方が楽だと言う人も、少なくないようです。

そして、オムツや下着などの着がえなどは、

ベビーベッドなどに用意しておき、

そのままベッドで全部着替えることが出来るようにしておけば、

赤ちゃんの入浴もスムーズになります。

その他にも、赤ちゃんの耳や鼻には、お湯が入ることもありますので、

中耳炎を予防するためにも、

しっかりと耳と鼻を面棒で掃除してあげることを忘れないようにしましょう。

お風呂用の赤ちゃんの浮き輪は必要?

また、最近では、便利な赤ちゃんのグッズも沢山販売しています。

例えば、赤ちゃんが湯船に浮くことが出来る、

首につける浮き輪などがあります。

この浮き輪は、親が外で身体を洗っている間に、

赤ちゃんがお風呂でプカプカ浮いて待っていられますので、

赤ちゃんをお風呂に入れる際には、あると便利なグッズの一つです。

また、もし赤ちゃんが一人だけでは無く、双子や三つ子だった場合。

交互に赤ちゃんを洗い、お風呂に入れないといけません。

しかし、この赤ちゃん用の浮き輪があると、

一人を洗っている間に、もう一人をお風呂で待たせることも出来ます。

そのため、とても良いグッズでもあるのですが、

赤ちゃんの首からすっぽりと抜けて、

「溺れてしまうかも知れない」と言う恐れもあります。

このようなことから、赤ちゃんを浮き輪で待たせておく際には、

お父さんやお母さんも常に注意しておくことが大事です。

赤ちゃんがお風呂に入っている間は、

浮き輪に頼り切るのではなく、いつも気をつけておくようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す