みかんや干し柿にカビが!その原因と対策!!

カビと言うと「お風呂場やトイレの壁などにつく」

と言うイメージをする人も多いのではないでしょうか?

ですが、実は私達が普段からよく口にする食べ物にも、

青カビなどが発生することがあります。

特に、賞味期限が過ぎて何日も放置しておいたものなどは、カビが発生しやすいですし、

常温保存のものなども、気がつけばカビが出来ていたと言うことも少なくありません。

例えば、こんな食べ物の場合でも、カビが出来やすいので気をつけましょう。

スポンサーリンク

お正月などに食べる餅もカビが出来やすい!

私達がお正月などによく食べるものと言えば、お雑煮などに入れる餅があります。

この餅ですが、日持ちする食材でもありますが、

気がつけばカビが生えていることも少なくありません。

また、餅のカビの場合には、気にせずにカビの部分だけ取り除いて、

焼いて食べたりすると言う人もいるかも知れません。

餅などについたカビの種類によっては発がん性のものもある

しかし、カビの種類によっては、身体に影響を及ぼす発ガン性のものもあります。

ですので、もし餅にカビが生えてしまったら、

勿体無くても廃棄処分することをおすすめします。

また、餅をムダにしないためにも、

カビが生えないように防止することも重要です。

餅のカビを防止するには、

冷凍庫に入れる方法が、簡単で一番良いでしょう。

餅を冷凍する際には、ジップロックなどの便利な保存グッズを合わせて使うことで、

更にカビが生えにくくすることも出来ます。

冬に美味しいみかんにもカビがよく発生する!

冬に美味しいものとしては、果物のみかんなども挙げられます。

このみかんも、こたつに入りながらよく食べるイメージがあり、

スーパーなどの特売の際には、

まとめて大量に購入すると言う人も多いのではないでしょうか?

しかし、みかんもカビが生えやすいものです。

みかんのカビの場合には、1つのみかんにカビが生えてしまうと、

同じ箱に入っていたみかんにカビが生えてしまうこともあります。

みかんのカビの原因と対策

みかんに生えるカビの場合は、

柑橘類のアミノ酸によって、カビの成長を促進するタイプのものであるため、

他のみかんも駄目になってしまうのです。

このようなことから、みかんのカビを防止する対策としては、

箱で購入した際には、箱のみかんをそのままにせず、個分けにして保管しておくようにしましょう。

また、みかんを新聞紙や包装紙で包みこむようにして、

箱の蓋をせずに通気性の良いところで保管するようにしましょう。

スポンサーリンク

干し柿のカビにも気をつけて!

冬と言えば、干し柿なども甘くて美味しいものです。

この干し柿は、11月頃に作るのが最適だとも言われており、

1か月ほどで食べごろになります。

ですが、この干し柿にも、カビが発生してしまうこともあります。

昔から、干し柿を作る際には、家の軒下などで天日干しにするケースが多いですが、

この干し方によっては、干し柿になる前にカビが出来てしまい、柿が駄目になることもあります。

例えば、雨が降っても柿を干したままにしたり、

風通しの悪いところに干して置いたりすると、干し柿にカビが出来てしまう恐れもあります。

干し柿のカビが生えないための対策

干し柿のカビ対策には、風通しの良いところに干しておくことや、

雨や雪の日には、干し柿も家の中に入れることが大事です。

また、みかんと同様に、柿同士をくっつけたまま干してしまうと、

カビが出来やすくなります。

ですので、柿の場合も小分けで保存したり、

柿の周りの通気性を良くしたりと、気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す