【お風呂のいや~なカビ】実は肺の病気に掛る恐れも!?

何気なく家の掃除をしていると、

風呂場などの壁にうっすらと「カビのようなもの」が付着しているのを

発見してしまうことはありませんか?

このついてしまったカビは、見た目も何だか汚いため、

見ただけで嫌な気持ちになってしまいがちです。

カビは見た目の悪さだけでなく、

もしも身体に吸いこんでしまったり、付着した場合には、

いろんな病気のリスクを生じる恐れもあります。

例を挙げるならば、こんな病気もカビが原因で起こることもあります。

スポンサーリンク

足の水虫などはカビによって起こる!?

私達の身近な病気として、爪や手に出来る水虫があります。

もし、水虫に掛ってしまうと、足が我慢できないほど痒くなってしまったり、

風呂場のマットなどから、同じ家に住む他の人にも移る可能性もあります。

そのため、何かと厄介な病気でもあります。

水虫になる原因として、

カビの生えた靴などを常に履いていることなども関係します。

例えば、カビは湿気でジメジメした環境を好むため、

雨などで濡れた靴や、通気性の悪い皮靴などを履いていると、水虫に掛ることもあります。

まず、カビを予防し、靴の湿気を取るためには、

下駄箱に収納する前に、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

カビを吸いこんでしまうと肺の病気になる恐れも

カビは付着するだけでなく、身体に吸いこんでしまった場合、

肺などの病気になる可能性も高くなります。

身近な疾患としては、アレルギー鼻炎などがありますが、

これもカビを吸いこんでしまったことで、誘発される場合もあるのです。

アレルギー性鼻炎では、水周りに多い黒カビや、パンなどにつく青カビなども、

アレルゲンとなる場合もありますので、

特に気にせずにお餅のカビなどを食べている人は、

出来るだけ食べないように気をつけなくてはいけません。

【関連】→みかんや干し柿にカビが!その原因と対策!!

もし、アレルギー鼻炎になってしまうと、鼻水が止まらなくなったり、

くしゃみが続いたり苦しい症状が出てしまうため、

生活面でも影響が出てしまうこともあります。

カビが原因で気管支喘息が起こる場合も

また、カビが原因となり起こる他の病気には、

気管支喘息などもあります。

こちらも咳が止まらないため、呼吸が思うようにならず、

とても苦しいものです。

気管支喘息の場合は、重症化すると命に関わることもありますので、

アレルゲンとなるカビなどのハウスダストを溜めないように、常に家を清潔に保ちましょう。

スポンサーリンク

カビが原因の病気にならないために

このように、カビを吸い込んだり付着させることによって、

いろんな病気になるリスクもあります。

そのため、カビを溜めないように、こまめに家も隅々まで掃除をしましょう。

特に台所や風呂場、トイレなどは水気がありますので、

通気性の悪い家の場合には、壁などにカビが生える恐れもあります。

カビが生えないための予防方法

では、カビが生えないように予防するには、

どうすれば良いのでしょうか?

まず、トイレやお風呂場などの扉は、ずっと閉めっぱなしにせずに、

一日のうちに何回かは扉を開けて、空気の入れ替えをするように心がけましょう。

また、トイレやお風呂場などに換気扇がついている場合には、

頻繁に利用して、湿気を取り除くようにしましょう。

また、台所の水垢などは、見つけたらすぐに拭き取り、

除菌スプレーなどを掛けておくと良いでしょう。

小さな子供がいる家庭では、乾燥する寒い時期になると、加湿器をつけているケースも多いですが、

加湿の際の水蒸気が床に落ちてしまい、そこからカビが生えることもあります。

加湿器をつける際には、床にタオルなどを置いたり、

プラスチックの受け皿などを置いたりして、カビが出来ないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す