【こたつのリメイク】テーブルリメイクとこたつ布団カバーの作り方!!

寒くなると、暖房器具が恋しくなりますね。

特にこたつの場合は、足元から暖かくなりますので、

こたつに入りながら鍋などをつつくと、とても幸せな気持ちになります。

このこたつですが、普段使わない季節にも、

こたつをテーブルとして使っている家庭も多く、

いちいち直さなくても良いのでとても便利です。

こたつテーブルは、市販品を購入して使っている人もいますが、

中には、自分で少し手を加えてリメイクして使用している人もいます。

例えば、簡単に出来るこたつテーブルのリメイク法には、こんなのもあります。

スポンサーリンク

こたつテーブルの天板だけをリメイクする!

こたつテーブルをリメイクと言っても、

何だか難しそうだと思っている人は多いようです。

けれど、簡単にこたつテーブルのリメイクをすることも可能なのです。

例えば、こたつテーブルの天板に少しだけ手を加えるのも手軽でおすすめです。

リメイクと言っても、こたつの天板に好きな壁紙を

専用ののりではりつけるだけで、すぐに完成することが出来ます。

そのため、簡単にこたつテーブルのイメージチェンジが可能です。

また、古いこたつテーブルも、自分の好みにリメイクすることが出来ますので、

お洒落な木目調にしたり、ビタミンカラーや水玉などの壁紙を利用すれば、

部屋の雰囲気が変わり、明るく、素敵なこたつテーブルになります。

もう少し手を加えてこたつテーブルそのものをリメイク!

しかし、天板が壊れてしまっていたり、ところどころ穴が開いているような場合には、

壁紙だけでは補修しきれないことも少なくありません。

そのため、天板そのものに手を加え、リメイクする必要もあります。

天板のリメイクは、難しそうに感じますが、

電動ドリルとビスがあれば、自宅でも手軽にチャレンジすることが出来ます。

まず、ホームセンターなどで、

使っているこたつテーブルの天板と同じくらいの大きさになるように木材を切ってもらい、

必要な分だけ購入します。

この木材を、電動ドリルを使って、ビスでつなぎ合わせてくっつければ完成です。

そのまま使っても、木目調がナチュラル感満載で素敵ですが、

ワトコオイルを塗れば木の渋さが強調されますので、

どんなお部屋でも馴染みますし、和室にもぴったりの雰囲気になります。

また、自分でこたつテーブルの天板をDIYする際には、

あまり使用するビスの長さを長くすると、ビスが木材から出てしまい、

足を怪我する恐れもありますので、気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

こたつ布団カバーも自分で作ってみよう!

自分でこたつテーブルを自分好みにリメイクしたら、

一緒にこたつ布団カバーも作ってみるのもいかがでしょうか?

簡単にこたつテーブルのカバーを作るなら、

ひざ掛けや毛布などを何枚か合わせて、ミシンでザッと縫う方法もあります。

それに、夏用の薄い布団の場合には、

そのまま何もしなくても、こたつテーブルにひくだけで、

こたつカバー代わりに出来るものもあります。

また、カバーにファスナーをつけると、

布団が入れにくくなったり、縫い方もややこしいので、

とても面倒なものです。

このような時には、マジックテープをつければ、

こたつ布団の着脱も簡単になります。

その他にも、洗濯可能な生地を使用して、

いつでも汚れたら丸洗い出来るようにしておくのも良いですね。

こんな風に、身近なものでいつでも手軽にこたつ布団カバーを作れますので、

ハンドメイドに興味があれば、

こたつ布団カバーにもチャレンジしてみるのもいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す