下駄箱に入れてたら革靴やスニーカーにカビが…どうやって除去するの?

私達が毎日、外に出かける時などに履いている靴ですが、

皮靴などの場合には、履く機会があまり無いと言う人も居ます。

しかし、ずっと履かずに下駄箱に放置したり、

靴の中が濡れてしまった時でも、

そのままにして放置すると、靴にカビが生えてしまうことも…。

カビが生えてしまうと、その靴を履くのも嫌になりますし、

見た目も悪くなってしまいます。

そのため、もしも靴にカビが生えてしまったら、

お気に入りの靴でも捨てないと駄目だと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんなカビの生えた靴も、カビを除去することが出来ます。

例えば、こんなカビ取り法を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

下駄箱に入れていた皮靴にカビが生えていた…

あまり普段からスーツなどを着ない人の場合には、

下駄箱に皮靴をずっと仕舞ってあるケースも多いのではないでしょうか?

冠婚葬祭などで、皮靴を出して履く場合に、

「気がついたら靴にカビが生えていた…」なんてこともあるようです。

下駄箱は湿気が溜まりやすい場所ですので、

こまめに換気したりと、湿度を下げる工夫が大切です。

それは追々話すとして、まずは革靴等にできてしまったカビの除去方法ですね。

皮靴のカビには除菌スプレーを使用

この皮靴のカビには、除菌スプレーを使用しましょう。

皮靴のカビ除去法としては、

まず、布でカビの部分を軽く拭き取り、そこに除菌スプレーを掛け、乾くまで外で放置します。

後は靴の保湿クリームを丁寧に布で塗って、乾燥させればOKです。

このように、皮靴のカビ取りは家庭でも出来ますが、

カビの範囲が広かったり取れにくい場合には、靴屋さんにお願いするのも良いかと思います。

スポンサーリンク

雨に濡れた白いスニーカーを放置してたらカビが生えてしまった…

また、スニーカーなどは、普段からよく履く人も多いようですが、

雨などに濡れても、濡れたまま玄関に放置してしまうことも少なくありません。

カビは湿気を好みますので、濡れた靴はカビが生えやすくなります。

このようなことから、普段から履いているような運動靴にも、

知らない間にカビが生えてしまう場合もあります。

白いスニーカーのカビには漂白剤を使用

運動靴にカビが生えてしまったら、

こちらも皮靴と同様に、まずは布でカビの部分を軽く拭き取ります。

その後、白いスニーカーには、

家庭などで使う漂白剤を水で薄めたものを霧吹きボトルなどでスプレーして、

一時間ほど放置しましょう。

その後、お湯で洗い流し、ドライヤーなどでしっかりと乾燥させます。

白以外のスニーカーの場合には、

漂白出来ませんので、除菌スプレーを吹きかけて放置しておきましょう。

こちらも、後からお湯で洗い流し、きちんと乾燥させます。

この運動靴のカビも、生えてしまうと落としにくくてかなりしつこいため、

自分で落としにくい場合には、やはり靴店に持ち込んでお願いするほうが良いでしょう。

普段から靴のカビを予防することも大事

一度生えたカビは、完全に取り除くのは難しいものです。

そのため、上記の方法を試しても、

カビが取れなかったり、見た目が少しマシになる程度になる場合もあります。

このようなことから、普段から靴のカビ対策をしておくほうが良いでしょう。

濡れた靴は必ず乾燥させること

まず、カビは湿気が多いところを好みます。

下駄箱に靴を詰め込み過ぎていた場合や、

濡れたままでも下駄箱に靴を突っ込んでいるような時には、

やはりカビは生えやすいものです。

カビ予防をするには、濡れた靴は必ず外で乾燥させ、

下駄箱には入れないように気をつけましょう。

下駄箱のカビ対策

また、下駄箱の扉もたまには開けて、中の空気の入れ替えをすることも大事です。

下駄箱には湿気が溜まりやすいので、湿気取りなどを置くのもカビ対策には良いかと思います。

この他にも、カビが生えにくいように、靴に撥水スプレーなどを利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す