ボジョレーヌーボー意味は?解禁日に理由が!?

11月のワインのイベントといえば、

ボジョレーヌーボーがあります。

そこで、今回はボジョレーヌーボーについて、

  • ボジョレーヌーボーってどういう意味?
  • 実は、解禁日に意味がある!?
  • コピペ疑惑って本当?

ということについて、調べてみました。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー意味は?

今は「ボジョレーヌーボー」という言葉が、

定着していますよね。

ですが、ボジョレーヌーボーとは、

どういう意味なのでしょうか?

調べてみたところ、ボジョレーヌーボーとは、

フランスのボジョレー地区で作られたワインであること。

そのボジョレー地区のうち、

その年のガメ種、あるいはガメイ種のぶどうで作られたものを、

ボジョレーヌーボーと呼ぶそうです。

ボジョレーはわかったかと思いますが、

では、ヌーヴォーの意味は何なのでしょうか?

ヌーボーとは、フランス語で

「新しいもの、新しいこと」を指します。

なので、ボジョレー地区で作られた、

その年の新酒ワインのみが、

ボジョレーヌーボーと呼ばれるのです。

ところで。

「ボジョレーヌーボー」に、

白ワインってあまり見かけませんよね?

これは何故かと言うと、

先ほど書いた通り「ガメ種、またはガメイ種」を原料とした、

新酒のワインであり、

基本的に赤ワインに限定されるからなんです。

なので、白ワインに、

「ボジョレーヌーボー」という名称は、

法律で認められいないんですよね。

白ワインで「ボジョレーヌーボーの白」

と謳っている業者には、ご注意を。

では、白ワインのヌーボーは無いのか?

というと、そういうわけではありません。

ボジョレー地区の北隣にあるマコネ地区では、

マコン・ヌーボーと呼ばれる、

白ワインのヌーボーがあります。

(ちなみに、白のボジョレーヌーボーと偽って販売しているのは、

このマコン・ヌーボーの可能性が高いです)

逆にマコン・ヌーボーには、

白ワインしか無く、赤ワインはありません。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーの解禁日に理由が!?

ボジョレーヌーボーの解禁日は、

現在では11月の第3木曜日とされています。

しかし、なぜ、解禁日ができたのでしょうか?

また、なぜ解禁日が、第三木曜日なのでしょうか?

これについて、詳しく調べてみることに。

当初、ボジョレーヌーボーの解禁日は、

決まっていませんでした。

それで、どうなったかというと。

ボジョレーヌーボーがよく売れると気付いたメーカーが、

こぞって解禁日を早める、という争いをし始めました。

この競争が、適正であれば問題なかったのですが、

案の定、不当なレベルまで、競争が激化。

終いには、出来上がっていないワインまで、

出荷される有り様・・・。

というわけで、解禁日を設ければ、

そういった不当なワインを出荷することも無くなるため、

「解禁日を設けましょう」ってことになりました。

ボジョレーヌーボーの解禁日は、

当初、11月15日に設定されました。

しかし、ボジョレーヌーボーの解禁日を、

11月15日としてしまうと、

新たな問題が出てきました。

なぜなら、年によっては、

11月15日が、土日と重なってしまいます。

すると、ワイン運搬業者が、

この日お休みになってしまうため、

届けられないという問題に直面したのです。

なので、ボジョレーヌーボーの解禁日は、

現在では11月の第3木曜日に、

変更されました。

スポンサーリンク

コメントを残す