お月見とは?保育で子どもに伝えるには?

お月見とは?

日本で行われている行事として、

「お月見」というものがあります。

しかし、お月見の由来について、

しっかりと理解している人は、多くありません。

そこで、

今回はお月見とは、一体どういうものなのか?

また、子どもに教える場合は、

どう教えるといいのか?

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

お月見とは?

お月見の由来は、

平安時代、観月の宴が開催され、

お月さまを鑑賞して、楽しむ行事だったのが、始まりです。

その後、江戸時代でお月見は、

神様への豊作祈願や、収穫感謝の儀式が合わさって、

出来たものです。

お月見は、豊作祈願、収穫感謝の儀式なので、

お団子と同時に、その時期に採れた野菜などをお供えします。

旧暦8月15日の十五夜には、

(今は、ちょうど9月7日~10月7日頃です)

里芋が取れるため“芋名月”と呼ばれています。

この芋名月ですが、

中国各地では月見の日に里芋を食べることから、

元々は里芋の収穫祭で合ったという説も、あります。

また、日本では十五夜だけではなく、

旧暦の9月13日(10月5日〜11月4日の間)にも、

月見をする風習がありました。

これは、「十三夜」「栗名月」とも、

呼ばれています。

「栗名月」と呼ばれているところから分かるように、

十三夜には月見団子と一緒に栗や枝豆を、

お供えします。

この十三夜は、中国にはなく、日本独自の文化です。

日本各地には

「十五夜をしたなら必ず十三夜もしなければならない」

という言葉が伝わっていたため、

片方だけの月見を嫌っていたようです。

すすきを飾るのは、稲穂に見立てたもの。

萩を飾るのは、

神様がお供え物を食事するための

“箸”の意味があります。

スポンサーリンク

お月見を保育で子どもに伝えるには?

ここまで読んだあなたなら分かると思いますが、

この行事を子どもに教えるのって、

結構難しいですよね^^;

そこで、なんとかして優しく教えることが出来ないものか、

と考えたのですが・・・。

意外と、年長さんぐらいの年になると、

そのままの内容で理解してくれるようです。

その上で分かりやすく伝えるとしたら、

「秋にはたくさんの美味しいものが採れるから、

お月さまにも、そのおすそ分けを渡す」

と、伝えるのが良いかもしれません。

このように、事実にちょっとファンタジーと交えると、

子どもも興味をひかれるようになり、

ちょっとずつ知識として吸収されていきます。

あと、ファンタジーで言えば、

絵本がオススメですね。

お月見に関する絵本を読み聞かせることで、

分かりやすく、興味が湧くかと思います。

個人的におすすめなのが、

『おつきみうさぎ』という絵本です。

→『おつきみうさぎ』はコチラをクリック

最後に、お月見は楽しんで行うものですので、

ぜひ、子どもと一緒に楽しんで、

お月見を行ってくださいね^^

お月見については、こちらの記事もオススメです。

→お月見会のねらいは?アイデアやゲームは?

スポンサーリンク

コメントを残す