ピック病の原因と予防は?初期症状やリハビリは?

以前、番組でも話題となった、ピック病。

しかし、この病気の認知度は、低いようです。

そこで、今回は

  • ピック病の原因や予防法
  • ピック病初期症状
  • ピック病のリハビリ方法

これらについて、調べてみました。

スポンサーリンク

ピック病とは?

ピック病とは、そもそも何なのでしょうか?

ピック病は、側頭葉が萎縮をして、

異常行動などが見られる認知症の一つです。

アルツハイマー病は頭頂部に異常が出ますが、

ピック病は側頭葉に異常が出るため、

別の病気として、独立命名されました。

主に、40代から50代が、発症する病のようです。

アルツハイマー病では女性に多い病ですが、

このピック病では、

性差によるかかり易さは、ありません。

ピック病の原因は?

ピック病の原因は、何なのでしょうか?

調べたところ、

現在、ピック病の原因は、分かっていないようです。

ただし、ピック病には、

いくつかのパターンが、あることが、

分かっているようです。

まず、ピック球という異常構造物が、

神経細胞の中にたまることで発症する場合です。

また、TDP-43という蛋白がたまることによって、

病気になる場合です。

スポンサーリンク

ピック病の予防は?

このピック病の恐ろしいところは、

予防方法が、確立されていません。

どうすればいいんでしょうね(汗)

ただし、ピック病の発症確率は低く、

アルツハイマー病と比べると、

約1/3~1/10程度です。

ピック病の初期症状は?

ピック病の初期症状としては、

人格が急激に変化し、

人格崩壊や躁うつ病など、神経機能の障害が、

目立って多いようです。

例えば、立ち振舞いが荒くなったり、

他人の意見や忠告に対して、全く耳を貸さなくなる、

といったことが挙げられます。

簡単に言ってしまえば、

自分勝手な振る舞いが増えてしまうようです。

ただし、初期症状で知的機能は衰えていないため、

周囲からの誤解を受けやすい病でもあります。

また、まれに症状として、盗み癖なども見られるそう。

これは、ピック病によって自制心が低下し、

深く考えることが出来なくなってしまうからなのだとか。

ピック病の認知度は低いのですが、

こういった盗み癖が出てくる点に、

警鐘を鳴らす医師も多いです。

なぜなら、この病気を知らないと、

「盗みをした」という事実だけが残り、

その人は、社会的信用を失います。

なのでこのピック病という病気は、

本来はもっと、多くの人に知られる必要があります。

そして、ピック病は長くても、

10年程度で衰弱死してしまう患者が多いのも、

特徴です。

ピック病の治療やリハビリは?

このピック病に、

治療法やリハビリテーションの方法は、

ないのでしょうか?

調べたところ、現在は他の認知症と同様に、

有効な手段は見つかってないようです。

ですが、反社会的な行動は、

ある程度、抑えることが出来るのだとか。

このように恐ろしい病気なのですが、

本当に調べても、

大変な病気だということが分かります。

何とかして、

ピック病のの治療法が確立して欲しいですね。

こういった病気の研究で、

もっと、募金活動が進むと良いのですが。。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す