立秋とはいつからいつまで?立秋の候の意味は?

立秋

暦の上では、もう立秋ですね。

さて、今回は

  • 立秋という言葉の意味
  • 立秋の時期

これらについて、調べてみました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

立秋はいつからいつまで?

立秋とは、いつからなのでしょうか?

立秋は、年によって違うようですが、

基本的には8月7日がほとんどです。

また、立秋はいつまでのことを言うのでしょうか?

調べたところ、

基本的に8月23日から残暑になるため、

8月22日までが、立秋とされているようです。

立秋の意味は?

立秋の意味についても、調べてみました。

立秋は、暦の上でも秋と言われるように、

秋の気配が現れてくる頃とされています。

・・・そうは言っても、暑いですけどね(笑)

この立秋は、夏至と秋分の、

ちょうど中間にあたります。

立秋になると、手紙の上では分岐点ですから、

暑中見舞いではなく、

残暑見舞いを出す必要があります。

暑中見舞いを贈ろうとしている場合は、

間違えないようにしなければなりませんね。

スポンサーリンク

立秋の候の意味は?

『立秋の候』とは、時候を表す言葉の一つです。

立秋になると、

この『立秋の候』という言葉も使われます。

そのため、

「立秋の候を迎え、皆様にはますます~」

という文章を、手紙で書くことが出来ます。

ただし、一つだけ注意するとすれば、

先ほどの残暑も、時候を表す言葉です。

よって、使う時は残暑か立秋の、

どちらかに限定して書かなければなりません。

今年もまだまだ暑い日が続きますが、

暦の上ではもう秋なので、

もうひと踏ん張り、頑張って乗り切りましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す