盛夏の候の読み方は?いつからいつまで?どういう意味?

盛夏の候という言葉は、

まあり聞きなれないかもしれません。

そこで、今回は

  • 盛夏の候の読み方
  • 盛夏の候はいつからいつまで?
  • 盛夏の候はどういう意味?

といったことについて、書いていきます。

スポンサーリンク

成果の候の読み方は?

まず、盛夏の候の読み方について、

調べてみました。

盛夏の候とは「せいかのこう」と言うそうです。

せいかって、意外と普通に読むんですね(笑)

盛夏って、どういう意味?

盛夏とは、どういう意味なのでしょうか?

そもそも夏は、

初夏、梅雨、盛夏、晩夏の4つの節に、

分けることが出来ます。

7月中頃までは、梅雨が続きますが、

梅雨の季節が終わると、盛夏の時期となります。

なので、盛夏と言うのは、

夏の一番暑い時期のことを指します。

言い換えると、真夏とも取れますね。

また、盛夏は7月と8月上旬までの季語としても、

使われます。

盛夏はいつからいつまで?

先程も書きましたが、

盛夏は梅雨が開けた後から、始まります。

梅雨の明ける時期は、その年によって変化しますが、

大体7月上旬から海の日の7月中旬までが、

一般的です。

盛夏の候の時期は、主に7月下旬頃です。

また、盛夏も手紙の文頭に書くことができ、

「盛夏の候、皆様には~」という風に、

使用します。

ただし、ここには注意点があります。

まず、暦の上では秋になる立秋を迎えると、

暑中見舞いから残暑見舞いに変更されます。

実は、盛夏は暑中見舞いの時には使用できますが、

残暑見舞いに入ると、使用不可となります。

なので、8月7日の立秋を迎えたと同時に、

盛夏も使えなくなるので注意が必要です。

→立秋についてはコチラを参照

今年も暑い夏が続きましたが、

盛夏は過ぎました。

なので、立秋と言い換えて、

間違えないように、注意しなければなりませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す