お月見会のねらいは?アイデアやゲームは?

お月見会

10月になると、お月見会を開くところも、

多いかと思います。

今回は

  • お月見会のねらいは?
  • お月見会で行うゲームのアイデア

について、調べてみました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

お月見会のねらいは?

まず、お月見会のねらいについて、

調べてみました。

お月見会の狙いは、主に

「ふれあいを楽しむために行う」

という学校が、多いようです。

また、お月見会を通じて、

年齢が上のお子さんが、

年齢が下のお子さんに対して、

思いやりの心を育てるために、行います。

その他にも、催し物で絵本や紙芝居などを行う場合、

読み聞かせを通して豊かな発想力を、

向上するといった目的もありました。

スポンサーリンク

お月見会のアイデアやゲームは?

次に、お月見会を行うに当たり、

どういったゲームや、

催し物のアイデアがあるでしょうか?

お月見会の出し物として多いのが、

パネルシアターやペープサートなどの劇です。

パネルシアターというのは、パネル布を張った舞台に、

絵を貼ったり外したりして展開する、劇のことです。

あなたも、子供の頃に、このパネルシアターを、

一度は見たことがあるのではないでしょうか?

パネルシアターの利点は、

動きは自分でつけることができるので、

絵を描く量が極端に少なくなります。

また、ペープサートという技法は、

紙人形で劇を行う方法のことです。

コチラもパネルシアター同様、

絵を書くのが少ない上に、棒を貼り付けるだけなので、

準備に手間が掛かりません。

こういったペープサートやパネルシアターは、

絵本を題材にして行うと、

分かりやすく伝えることが出来るでしょう。

他にも、紙芝居を使って、

物語を伝えるというアイデアもあります。

何にせよ、こういった演劇を見ることによって、

お子さんの想像力も豊かになりますので、

オススメですね。

また、お月見会のゲームアイデアについても、

調べてみました。

お月見会で行うゲームアイデアといえば、

やはり、3択クイズなどのクイズ系や、

伝言ゲームといったものでしょうか。

伝言ゲームであれば、近くにいるお子さんと、

一緒に協力することになりますから、

お子さん同士の関わりも出来るでしょう。

ぜひ、ここに出てきたアイデアも、

取り入れてみてください。

お月見について、

以下の記事もあわせてご覧いただけると幸いです。

→お月見とは?保育で子どもに伝えるには?

スポンサーリンク

コメントを残す