エボラ出血熱はマスクで予防できる?治療方法や後遺症は?

エボラ出血熱

最近、よくニュースになっている、

エボラ出血熱。

あなたも一度は、

聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回は、エボラ出血熱について、

色々と調べてみました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

エボラ出血熱とは?

エボラ出血熱とは、

エボラウイルス属のウイルスを病原体とする、

急性熱疾患のことで、

ウイルス性出血熱の一つです。

ウイルス性出血熱には、

ラッサ熱、マールブルグ病などがあります。

エボラウイルスの主な症状として、

  • 発熱
  • 悪寒(おかん)
  • 頭痛
  • 咽頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹痛

などが出ます。

この症状だけを見ても、

風邪と何ら変わりないように思いますが、

このエボラ出血熱の怖いところは、

更に進行したあとにあります。

このエボラ出血熱が更に進行すると、

  • 全身からの出血
  • 吐血
  • 意識障害

などがあります。

これが、エボラ出血熱の怖いところです。

エボラ出血熱の感染経路は?

エボラ出血熱の大本である感染経路を調べてみると、

コウモリが持っていたのではないかと言われています。

また、エボラウイルスは、

鳥全般がこのウイルスを持っている可能性があると、

学者の人は言っています。

このエボラ出血熱の特徴は、

血液や体液の接触により、

人から人へ感染が拡大すること。

よって、エボラウイルスは血や唾液、

尿、汗、嘔吐物などに触れた場合です。

日本の場合、

通勤ラッシュ時にエボラウイルス感染者がいると、

大変なことになりそうですね(汗)

スポンサーリンク

エボラ出血熱の治療方法は?

エボラ出血熱の治療方法ですが、

これは今のところ、劇的に良くなるといった、

治療方法は確立されていません。

よって、エボラ出血熱に掛かってしまった場合、

安静にしていること、ショックに対する治療、

輸液・循環の管理などの対処療法となります。

もし、日本でエボラ出血熱に感染した場合、

一類感染症に分類されるようで、

治療専用の病室に隔離されて、治療が行われます。

致死率は50~90%と、

かなり重い症状が出る病気ですからね。

ただし、エボラ出血熱の薬で、

ラットやサルへの投与実験では、成功しているようです。

人間への投薬実験も、

既に行われているところです。

よって、この実験結果次第では、

今後、エボラ出血熱の拡大を、

大幅に防ぐことが出来るでしょう。

エボラ出血熱と後遺症

さらに、エボラ出血熱の怖いところは、

後遺症にあります。

病状の進行が早く、

出血がひどいのですが、

この出血する際に組織を破壊するため、

後遺症が残る可能性が高いのです。

とはいえ、今回のエボラ出血熱の場合は、

後遺症もなく完治した人の事例もあるため、

必ずではありません。

エボラ出血熱はマスクで予防できる?

エボラ出血熱は、

マスクで予防できるのでしょうか?

先ほど感染経路の話をしましたが、

大事なのは粘膜接触を行わないことです。

例えば、エボラ出血熱のウイルスを持っている人が、

くしゃみをしたとします。

このくしゃみが、唾液として飛まつした場合、

それが目や鼻、口からウイルスが侵入し、

感染する可能性が、出てきます。

マスクを付けることは、

予防につながるかと思いますが、

必ず予防できるという訳ではありません。

私達にできることといえば、ニュースをこまめ見て、

日本で感染者が出ていないかチェックすることが、

一番の予防につながります。

もし、日本での感染者が現れた場合、

出歩かないことが一番の予防策でしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す