受験生の夏休み!!中3の勉強時間や勉強法は?

受験生にとって、夏休みは

差を埋めたり、あるいはライバルに差をつけるには、

うってつけの季節です。

そこで、今回は受験生の夏休みで、

勉強時間や勉強方法について、

詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

勉強時間は?

受験生は、夏休みに勉強時間を、

どの位確保しているのでしょうか?

四谷学院のデータによると、

受験期の家庭学習時間は、

平均2~3時間とされています。

習い事などがあれば、

やはりこの時間数が、妥当な気がしますね。

とはいえ、夏休みは時間がありますので、

この更に倍の4時間~6時間程度、

勉強時間に当てたいところです。

調べてみると、中には「10時間勉強する」と、

意気込んでいる中学生の方も、居ました。

10時間と聞くと、長く感じるかもしれませんが、

9時に起床、22時に就寝したとしても、

13時間の余裕があります。

なので「1時間勉強して10分休憩する。」

というように、1日のタイムスケジュールを組むと、

「今は何をする時間なのか?」が明らかになるため、

効果的です。

出来れば夏休み中に、

劇的に自分の学力を向上させたいのであれば、

4~6時間程度の勉強時間は、

確保することをオススメします。

スポンサーリンク

勉強方法は?

ただ、長ければいいというわけではありません。

例えば、10時間勉強に当てるとして、

片付けをしたり、タイムスケジュールを作ったり、

ノートにまとめたり・・・。

と、やっているだけでは、キリがないです。

せっかくノートにまとめても、

勉強の内容が頭のなかに入っていなければ、

使いこなせないので、勿体無いのです。

というわけで、勉強方法についても、

考えなければなりません。

勉強法について調べてみると、

様々な方法がありますが、

受験生にとって、まずは基礎の確立が、

重要になってきます。

なので、簡単にまとめた内容と問題がセットになった、

問題集がオススメですね。

例えば、数学であれば、

以下の問題集がオススメです。

→中学3年間の数学を8時間でやり直す本

これはあくまで一例なので、

出来れば書店に行って、

自分にあった問題集を探すことを、

オススメします。

個人的にオススメしているものが、

あなたに合った問題集とは、限らないですからね。

そして、こういった基礎固めの問題集を買ったら、

次にやることは最低でも3周、繰り返すことです。

よく

1周終わったら次の問題集に移る人も居ますが、

それだと勿体無いです。

基礎固めは、問題集の内容を

暗記しちゃってもいいぐらいです。

なぜなら、暗記してしまったら、

そのやり方を丸々、頭のなかに

入れ込むことができているからです。

それはそれで、問題が解けるようになるので、

いいのです。

重要なのは、解き方を徹底的に理解することです。

それが出来て初めて、

別の問題集に移ることにしましょう。

今回は、受験生の夏休みに必要な、

勉強時間や勉強法について、書いていきました。

ぜひ、頑張って目標の志望校に、

合格してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す