ペルセウス座流星群2015年の観測の時間は?天気や方角は?

ペルセウス座流星群

2015年のペルセウス座流星群は、

8月13日から8月14日の夜が、見頃です。

そこで今回は、観測の方法についてや、

観測の時間、天気や方角について、

色々と調べてみました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

ペルセウス座流星群の観測の時間は?

観測に適した時間帯を分けると、

今日であれば、

21時頃から見えてくるようになります。

また、0時頃に活発になり、

3時頃が一番の見頃となります。

ピークは、空が明るくなり始める前です。

目安として、明かりがほとんどない観測地であれば、

1時間あたり、平均31個程度。

郊外のような場所であれば、

1時間あたり平均11個。

市街地になると、

1時間に平均4個程度となります。

観測地点によって、

見つけやすさもかなり変わってきますね。

ペルセウス座流星群の方角は?

ペルセウス座流星群を見る場合、

どちらの方角を向いていればいいのでしょうか?

これは全ての流星群に言えることですが、

○○座というのは、放射点を表しているため、

放射点から全体の空にわたって出現します。

なので、実は全体を見渡せるようにするのが、

観測の際のポイントです。

ただ、ペルセウス座流星群の場合、

極大の頃には満月に近い月が出ているため、

明るいです。

月の光は、

流星を観測するのに、邪魔してしまうので、

なるべく月が視界に入らないようにして、

観測しましょう。

手で遮ってみるだけでも、

かなりの効果があります。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群の観測の方法について

観測の時に、いくつかポイントが有ります。

まず、流星はすぐ現れるものでもないので、

見続けることが肝心です。

少なくとも15分程度は、

続けて空を眺めていましょう。

また、先ほど言ったように、ペルセウス座流星群は、

放射点から全体に展開されます。

そのため、なるべく空の全体を見渡せる場所で、

観測して下さい。

他にも気をつける点としては、

やはり、この時期虫が多いことでしょうか。

なので、虫除けスプレーを持って行くことを、

オススメします。

夏の夜と言っても、場所によっては冷えますので、

防寒具も忘れずに、持って行きましょう。

ペルセウス座流星群の2015年の天気は?

最後に、場所なのですが・・・。

実は、8月12日~8月13日にかけて、

全国的に天候があまり良くありません(汗)

ただ、四国や九州地方は、

見頃の時間帯に晴れているようですね。

もし、あなたが「どうしても自分の目で見たい!」という場合は、

四国、九州地方まで行く必要があります。

肉眼で見なくても、見れればいいという場合は、

「ウェザーニュースタッチ」や「ニコニコ生放送」など、

観測映像を動画で視聴することも出来ます。

ぜひ、映像での観測も活用してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す