結婚式の祝儀の相場は?上司や部下、先輩の場合は?

結婚式にお呼ばれすると、

気になることが結構ありますよね。

その中の一つに、ご祝儀というものがあります。

今回は、ご祝儀の金額の相場について、

調べてみました。

スポンサーリンク

上司への祝儀の場合

上司に対する結婚式の祝儀の相場は、

3万円~5万円程度と言われています。

また、20代のときはどうしても、

お金の面で苦労するため、

平均すると2~3万円程度です。

30代で、先ほど書いた3万円~5万円程度です。

なので、上司だからといって、

高い金額を出す必要は無いようです。

ただ、これは全体的に言えることなのですが、

注意が必要な数字もあります。

それが、4万円と9万円です。

何故ダメなのかというと、

日本人にとって、4や9は、

不幸を連想するためです。

先輩の場合のご祝儀は?

先輩だからといっても、ご祝儀の量は変わりません。

基本的に3~5万円が相場です。

ただし、経済的に厳しい状態で、

たまたまその月に結婚式に呼ばれる回数が多い場合、

ご祝儀が払えない場合もあります。

そういった時に、2万円を渋々支払うこともありますが、

だからといって見限る真似はしない方がいいでしょう。

相手のご都合も考慮した上で、

ありがたく受け取りましょう。

スポンサーリンク

部下への祝儀の相場は?

部下の場合は、どうなのでしょうか?

一般的に相手が部下の場合は、

5万円~10万円が相場のようです。

ただ、個人的にはこの数字、

少し多いように、思いますね。

また、上司だからといって、

「5万円を出さなければならない」

というわけではないです。

なぜなら、上司といえば、

たくさんの部下を抱えているもの。

場合によっては、結婚式が集中していて、

出せないこともあるからです。

夫婦でのご祝儀の相場は?

夫婦でまとめてご祝儀を包む場合は、

どの程度が相場なのでしょうか?

相手が上司、先輩であっても、

夫婦で出席の場合は、

約2倍の7万~10万円程度が相場です。

逆に、相手が部下で、

ご夫婦で出席する場合も、同程度でしょう。

多くても、10万円程度です。

最後に、

親族や兄弟、姉妹へのご祝儀の平均は、

5万円というデータも有ります。

なので、相手と仲が良い場合は、

多めに包むのも良いかもしれません。

あくまで気持ちなので、

包まなければならないわけではないです。

ぜひ、上記の金額を参考にした上で、

自分なりにご祝儀の金額を決めてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す