ご祝儀袋の書き方!!住所や短冊は?水引きやペンの種類は?

ご祝儀の金額が分かったところで、

実際にご祝儀袋はどうするのか?

ご祝儀袋の書き方や包み方についても、調べてみました。

スポンサーリンク

まず、ご祝儀袋には、上包み(ご祝儀袋)と

中包み(中袋)の2つに分かれます。

まず、ご祝儀袋のことについて、書いていきます。

水引きは結び切りのものを

結婚式は、当然ながら行うのに、

1度きりが望ましいものです。

なので、ご祝儀袋には、

結び直すことがない“結び切り”の

水引きが付いたものを、使うのがマナーです。

これに対して、蝶結びの水切りは、

解いてしまうと何度でも結い直して使えてしまうため、

結婚式での使用は、失礼に当たります。

購入する前に水引きが「結びきりなのかどうか?」

よく調べてから購入するようにしましょう。

また、ご祝儀袋の裏側には、

幸せを受けるようにという意味を込めて、

上向きに折り返した方を外側にして、

水引をかけるのがルールです。

ご祝儀袋のデザインは相応なものに

基本的に、ご祝儀袋は豪華なものほど、

見栄えがいいものです。

だからといって

「豪華なご祝儀袋を選べばいい。」

というわけではありません。

例えば、ご祝儀袋がすごく派手なデザインなのに、

中身が2万円だったとしたら、ガッカリしますよね?

要するに、

値段相応のご祝儀袋を用意したほうが、いいのです。

また、金額の相場の時には書きませんでしたが、

お札にも実はマナーがあります。

基本的にご祝儀袋に入れるお札は、

必ず新札を用意して、向きを上向きに揃えて、

入れるのが礼儀です。

福沢諭吉さんが、中袋から取り出した時に、

すぐ現れる状態ですね。

なぜ新札を用意するかというと、

「前から2人のために用意していた」

という意思表示のためです。

例えば、それがご祝儀袋の中にあるお札が、

使い古されたものだった場合、

なんだか見繕った感じがして、貰った方も嫌ですよね?

そういうことです。

特に結婚式の場合、

事前に連絡が行っているものなので、

新札でないと、礼儀知らずと思われてしまいます。

忘れないうちに、銀行などで用意しておきましょう。

もし、どうしても新札を用意し忘れていた場合、

アイロンなどでお札のしわを伸ばすか、

あるいは会場のフロントで、

新札に入れ替えてもらう。などの対策を、

取るようにしましょう。

ご祝儀袋の書き方

さて、いよいよ中袋の書き方に移りますが、

基本的に毛筆や筆ペンを使用して、

濃く、ハッキリと書きます。

ボールペンでの記入はNGです。

基本的に中袋の表面には、

「金○萬円」という風に、

はじめに金と書いて、漢数字で金額を記入します。

一 → 壱
ニ → 弐
三 → 参
五 → 伍(五でも可)
七 → 七
八 → 八
十 → 拾
万 → 萬
円 → 圓(円でも可)

例3万円の場合→「金 参萬円」

次に、中袋の裏面には、

都道府県からの住所と氏名、郵便番号を書きます。

封かんはしなくていいのですが、

もし、市販の中袋で「封」と印刷されている場合は、

のりづけして下さい。

スポンサーリンク

ご祝儀袋の短冊の書き方

次に、ご祝儀袋の短冊に、名前を書きます。

短冊に名前を書くのが一人の場合は、

特に困ることもないでしょう。

しかし、2人以上となってくると、

話は別です。

基本的に、夫婦の場合、

苗字は1回だけ記入し、名前を書くことで、

問題ありません。

また、友人などでまとめて渡す場合は、

それぞれの苗字と名前を書く必要があります。

ただ、基本的に3名までは綺麗に入るのですが、

それ以上になると、書くスペースがありません。

なので、4人以上になる場合は、

代表者の名前をフルネームで書いて、

左脇に「外一同」と記入します。

その後、更に別の紙を用意して、

全員の名前を記入後、中袋の中に入れます。

・・・と、ここまで長く書いてきましたが。

実は、現在では以下のように、

代筆してくれる業者さんもあります。

なので、字に自信がない場合や、

間違えたくない場合は、こういったサービスを、

利用するといいでしょう。

ふくさの包み方について

最後に、ふくさの包み方について書いていきます。

ご祝儀袋をむき出しの状態で持っていくのは、

失礼に当たります。

そのため、ふくさに包むのが基本なのですが、

どうしても用意できないのであれば、

大きめのハンカチやスカーフを代用しても構いません。

ちなみに、ふくさの色は明るい赤、ピンク、黄色などが、

祝い事では適しています。

また、紫色の場合、慶弔などにも使えるので、

持っておくと便利でしょう。

→アマゾンでオススメのふくさはコチラ!

肝心の包み方ですが。

まず、四角形の角を上下左右の状態にして、

上下の角の対角線と、ご祝儀袋の右を、合わせて置きます。

その後、左、上、下の順番に中へ折りたたみ、

ご祝儀袋を包みます。

最後に、右端を中へ、

全体を包むように折り込んだら完成です。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す