結婚式の費用は親族のみや40人でどの位?折半や値切ると?

結婚式の費用

結婚式をするにあたって、

どうしても考えなければならないことの一つに、

費用の問題があります。

そこで、今回は

  • 40人規模でどの程度の額なのか?
  • 親族のみの場合の費用は?
  • それぞれ、値切れるとどのくらいなのか?
  • 他の家庭では、折半しているのか?

ということについて、調べてみました!

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

結婚式の費用は40人でどの位?

40人規模の結婚式での費用を調べてみると。

平均すると60人~80人規模で、

およそ300万円程度するそう。

ただし、場所によりけりなので、

中には160万円前後で抑えている結婚式も、

ちらほら見かけました。

なので、40人規模でも、

しっかりとお金を掛けてもいいと思っている場合は、

300万円程度あるといいです。

反対に、費用を値切りたいと思っている場合は、

200万円程度でも出来るということを、

抑えた上で、結婚式場を探してみてください。

親族のみの結婚の場合は?

親族のみの結婚の場合、費用はどうなるのでしょうか?

調べてみると、10人程度の挙式だったとしても、

しっかりとした挙式をあげようとすると、

費用は100万円以上掛かるのが普通のようです。

ただし、値切るとかなり抑えられるようで、

教会で式をあげることと、

簡単な披露宴で50万円足らずで上げている人も居ました。

実際に探してみたのですが、20人程度であれば、

50万円を切るところも、多いようです。

スポンサーリンク

費用は折半すべき?

ここは少し、難しい問題ですよね。

ただ、ゼクシィの折半方法を調べたところ、

両家でそれぞれ折半しているという回答が、

一番多いようでした。

また、よく言われている折半の方法に、

両家の人数で割る方法があります。

これはどういうことかというと、

新郎と新婦のゲストの人数比率で、

割るということです。

例えば、100人規模で式をあげるとして、

新郎側が30人、新婦70人で、

費用が300万円だった場合、

  • 新郎側300×0.3(3割)
  • 新婦側300×0.7(7割)

で、新郎90万円、新婦210万円で、

分けて支払います。

こうすると、割り勘になりますし、

後々お金のことで面倒が起きないで済みます。

ただ、これはあくまで一例ですので、

必ずしもこれという訳ではありません。

他にも多い意見として、

結婚式費用は折半したけれど、

その他、細々とした費用は、全て彼が持った、

という意見です。

おそらくですが、新郎側(夫)の収入のほうが多く、

新婦側(妻)が専業主婦、あるいは収入が新郎よりも、

少ない場合、このようになると思います。

ですが、意外と面白かったのが、

次に多いのが「新婦側が負担した」という意見です。

これは、女性が社会進出し始めたことで、

男性側の収入を上回ったからかもしれません。

あるいは、女性からすれば、

結婚は一度きりの一大イベントと捉える人が、

多いからだと思います。

なので、多くの家庭では半々ですが、

細々としたものまで含めると、

新郎側が出していたり、あるいは、

新婦側が出していたりします。

重要なのは、このあたりのことも含めて、

話し合った上で、決めることです。

スポンサーリンク

コメントを残す