口内炎が複数できる原因は?治し方で塩は効かない!?

一度出来ると、中々厄介なものといえば口内炎があります。

今回は、

  • 口内炎が複数できる原因は?
  • 口内炎の治し方で塩は効かない!?

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

口内炎が複数できる原因は?

口内炎の原因は、どういったものがあるのでしょうか?

口内炎の原因は様々ありますが、

基本的に3つに分解することが出来ます。

まず、口の中の粘膜が弱っている状態です。

これは、

  • 胃腸障害
  • 寝不足などの生活の乱れ
  • 偏食などの食生活の乱れ
  • ストレス
  • 寝不足
  • ビタミン不足

などが原因です。

一般的に口内炎と言われているものは、

これが原因です。

ちなみに、これを「アフタ性口内炎」と言います。

追記:

アフタ性口内炎について、コーヒーが原因の場合が有ります。

→口内炎はコーヒーが原因で出来る場合の3つの対策!!

次に、粘膜を傷つけてしまい、

口内炎になるものです。

例えば

「頬の内側や唇の裏を噛んでしまった」

というものが、これにあたります。

この粘膜を傷つけてしまい、

その傷口から口内にある常在菌という細菌が、

この傷から入り込み、繁殖する事が、原因です。

他にも、熱いものやしょっぱいものなどの刺激が、

原因になることもあります。

これを「カタル性口内炎」と言います。

最後に、口の中の細菌が増殖し、

口内炎になるパターンです。

これは先ほど書いた常在菌が、

口の中に大量に増殖してしまい、

ちょっとした事で、

すぐに口内炎になりやすい状態にあるのが原因です。

このように、口内炎と言っても、

いくつか原因があるようです。

ちなみに、複数の口内炎が出来る場合は、

基本的に細菌が多い事が原因であることが、

多いようです。

ただし、口内炎がたくさん出来る場合は、

夏風邪などの、別の原因もあるようです。

夏風邪については以下の記事を参照して下さい。

→夏風邪で喉に白い出来物や乾燥!?治らない場合の対処法!!

口内炎の治し方で塩は効かない!?

口内炎の治し方でよく、耳にするのが、

「塩を塗るといい」ということです。

しかし、これは本当なのでしょうか?

結論から言うと、場合によります。

実はこの方法、

塩を口内炎に直接すり込んだり、

食塩を水に溶いてうがいする方法なのですが・・・。

これをやる意味といえば、塩の殺菌作用により、

口の中にある常在菌が減り、

口内炎が和らぐからなのだとか。

確かに、理論上は可能なようにも思います。

ですが、塩を塗りこんだ時に、

想像して欲しいのですが・・・。

口内炎に塩なんて塗りこんだら、

正直、痛いですよね(汗)

しかも、よくよく考えれば、

塩をすり込むことによって、炎症の部分の傷を、

かえって広げてしまうことにもなりかねません。

すると、口内炎の原因のところでも書いた、

「粘膜を傷つける」行為にも相当しますので、

あまり適切では無いように思います。

また、以前NHKの番組で、

食塩水でゆすいだ時の殺菌効果について、

実験したことがありました。

このデータによると、食塩水でゆすいだ場合、

口の中にある細菌の割合は、

1時間足らずで元の状態に戻るとのこと。

これじゃあ、やった意味が、

イマイチ良く分からないですよね(汗)

よって、塩を使った治療法は、

あまり賢い方法ではないようです。

スポンサーリンク

口内炎を早く治すには?

では、口内炎を早く治す方法は、あるのでしょうか?

実は、先ほどの塩の“考え方”自体は、

あっています。

ただ、やり方に難ありなので、

別の角度からアプローチしていこうと思います。

まず、口の中の常在菌を減らします。

常在菌を減らすには、うがい薬が効果的です。

同じくNHKの比較データによると、

うがい薬で念入りに1分間ほどうがいをするだけで、

常在菌を10分の1まで減らすことが出来るそう。

しかも、効果時間も長く、

3時間以上持続するため、とても効果的なのです。

次に、口内にある唾液の量を、

増やすことをしていきます。

これには、規則正しい生活や、

バランスの採れた食生活、

また、ストレスを解消する方法を見つけるのが、効果的です。

たまに「ビタミン不足だろうから、サプリメントを摂ろう」と、

サプリメントを取る人も居ます。

しかし、ビタミン不足で口内炎になる割合は、

全体で約20%程度なのだとか。

それを考えると、

無理してビタミンを摂る必要は、無さそうです。

唾液を出すという意味で、酸っぱいものを想像して、

それを実際に摂取するので、

一定の効果は得られるでしょうけどね(笑)

以上のことを行った上で、治るまで待ちましょう。

もし、治らない場合は病気の可能性もあるので、

病院で一度診てもらうと良いでしょう。

口内炎については、以下の記事もあわせてどうぞ!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す