舌の口内炎が痛い!!何科に行けば?

舌に出来た口内炎、痛いですよね。

今回は

  • 舌にできた口内炎の原因
  • 口内炎のしこりに要注意
  • 奥の口内炎の対処法

などを、書いていきます。

スポンサーリンク

舌に出来た口内炎の原因は?

舌にできる口内炎の原因は、

基本的に口内炎のページで紹介したとおりです。

→口内炎が複数できる原因は?治し方で塩は効かない!?

簡単にまとめると、

まず、口の粘膜が薄くなっている状態です。

これは、口内のどこでも起こり得るので、

たまたまそれが舌になった場合が多いです。

次に、傷口が出来てしまい、

そこから口内炎になる場合。

これは、歯が舌にあたっていることによって、

口内炎になるケースが多いです。

舌が傷つくという場合でよくある例として、

奥歯に虫歯があって、

虫歯により歯が削れた状態で食事をすると、

歯が舌に当たるので、口内炎になります。

また、これは癌になるリスクも上がるそうなので、

早めに歯の治療をすることをオススメします。

そして、口の中にある細菌が繁殖して、

口内炎になるケース。

これは、歯磨きなどの口内環境を、

しっかりと整えていないことが原因です。

なので、歯磨きをしたり、

マウスウォッシュを定期的に行ったりすることが、重要です。

舌の口内炎を治す方法は?

と、ここまで原因を見てきたのですが、

舌にできる口内炎は、

口内の環境に左右されるものが、多いようですね。

なので、予防兼治療法についてなのですが、

これは、歯磨きなどで口内環境を整えることが、

重要になってきます。

先程も書きましたが、

歯磨きやマウスウォッシュをすることで、

口内にある細菌を、抑える効果があります。

また、規則正しい生活や、

バランスの採れた食事も、

口内炎になるリスクが低下するので、オススメです。

スポンサーリンク

舌の口内炎のしこりはガンの可能性!?

ここで、一つだけ注意してほしいことがあります。

それが「口内炎が中々治らない」という場合です。

これは何故かと言うと、口内炎のように見えて、

実は舌がんだったということが、

往々にしてあるようなのです。

特に、歯医者さんで詰め替えた奥歯が舌に当ってたり、

舌の口内炎が1ヶ月ぐらい治ってない場合は、

一度病院で診てもらうことをオススメします。

「がん」と言っても、

舌がんは早期発見できればほぼ完治できますので、

早めの発見を心がけてくださいね。

舌の口内炎は何科に行けばいいの?

最後に、舌に出来た口内炎を診てもらう場合、

何科に受診すればいいのでしょうか?

基本的に舌に出来た口内炎は、

口腔外科や内科、歯科、耳鼻咽喉科などが妥当でしょう。

まずは歯科で診てもらうのがオススメですが、

全般的に見てもらえるという点においては、

内科などの受診が良いかと思います。

1ヶ月以上治っていない場合は、

舌がんの可能性もあるので、

耳鼻咽喉科などに受信すると良いかもしれません。

とはいえ、歯科に行って診察を受けた後、

舌がんだと思われる場合は、

耳鼻咽喉科などの専門医へ紹介されるケースが、

多いそうです。

なので、最初は歯科がオススメですね。

口内炎については、以下の記事もあわせてどうぞ!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す