腎硬化症とは?うっ血性心不全や慢性腎不全と関係してる!?

意外と知られていない腎硬化症。

今回は

  • 腎硬化症とは?
  • 腎硬化症が他の病に関係してる?

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

腎硬化症とは?

腎硬化症とは、簡単に言ってしまうと、

腎臓の血管が動脈硬化を起こして、

腎臓に障害をもたらす疾患のことです。

腎臓には、大きな血管や毛細血管まで、

様々なサイズの血管が集中しています。

この血管は、高血圧などが長年続いていると、

腎臓にある糸球体と呼ばれる血液を送る細動脈に、

圧がかかるため、血管内の細胞がそれに反応し、

細動脈硬化を起こします。

以上のことを簡単に言うと、糸球体の血管が、

高血圧などにより圧力がかかり、

血管が狭くなるということです。

さて、狭くなった事により何が起こるのか?

というと、血液の流れが悪くなり、

糸球体が硬化し始めます。

糸球体が硬化し始めると、

老廃物がろ過できなくなるなど、

腎機能が低下します。

結果、初期症状では頭痛や動悸、肩こりが現れ、

高血圧に寄る合併症のリスクも高まります。

この腎硬化症には、

徐々に腎臓の機能が低下していく、

良性腎硬化症と呼ばれるものと。

急激な悪性高血圧による合併症として、

悪性腎硬化症というものに分かれます。

基本的に慢性的な高血圧の場合は、

良性腎硬化症。

本態性高血圧や、褐色細胞腫などが原因で、

急激に悪化する高血圧の場合は、

悪性腎硬化症です。

スポンサーリンク

腎硬化症とうっ血性心不全と関係してる?

腎硬化症は、血圧が高い状態に起こる症状です。

そのため、高血圧が長く続くと、

腎硬化症の他にもうっ血性心不全という、

合併症を引き起こす可能性が高いです。

どちらかと言えば、腎硬化症というより、

高血圧が関係しているようです。

他にも、大動脈瘤や脳卒中、心筋梗塞などの病気も、

合併症として気をつけなければならないところです。

しかし、腎硬化症が起こってしまえば、

動脈硬化のため、血圧が上がるのは当然のことです。

そのため、合併症であるうっ血性心不全の発症率も、

上がるのは当然のことと言えるでしょう。

慢性腎不全と関係してる!?

基本的に慢性腎不全も同様に、

うっ血性心不全と同じく、

高血圧で起こり得る合併症の一つです。

そのため、腎硬化症が起こり、

血液の循環が悪くなり、腎臓の障害が進行してしまい、

慢性腎不全になりやすくなってしまいます。

治療方法は?

さて、この腎硬化症の治療方法ですが、

基本的に血圧を下げる方法をとります。

そのためにまず、

自力でなんとかなる治療から入ります。

例えば、食事療法で塩分を減らしたり、

あるいは運動療法で、

日常の生活習慣を改善していきます。

しかし、それでも良くならない場合は、

降圧剤で血圧を下げる方法をとります。

腎硬化症を予防するには?

腎硬化症は、血圧と密接に関わっていますので、

基本的に先ほど治療で紹介した食事療法と、

運動療法を行っておけば、問題ないでしょう。

また、最初は自覚症状が無いことが多いので、

これに気づくために定期的な血液検査、

あるいは尿検査を行うことが重要です。

スポンサーリンク

コメントを残す