お悔やみの言葉をメールで親戚や上司に送るには?

突然の訃報が入った場合、

普通はそれほど起きない出来事なので、

言葉に困ることも、多いですよね。

また、基本的に突然起こることなので、

お通夜に参加できないことも。。

そんなとき、メールでお悔やみの言葉を掛けるのですが、

今回はメールでお悔やみの文章を送る場合、

どうしたらいいのか?書いていきます。

スポンサーリンク

お悔やみの言葉をメールで送るには?

お悔やみメールの言葉は、

故人の死を悼む思いを込めて書く必要があります。

ただ、相手がよほど忙しくない限りは、

出来るなら電話でお話したほうが、

個人的には良いかと思います。

こちらの感情も相手に伝わりますし、

相手の感情も声を伝わって理解できますので。

その際にまずは、

「突然のことで言葉も見つかりません。」

「お悔やみ申し上げます。」

など、冒頭につけて電話すると良いかと思います。

さて、相手がどうしても忙しくて電話するのが難しい場合、

メールを送ると良いです。

その際にまず、気をつけなければならないことは、

メールのタイトル文章です。

メールのタイトルは、

簡潔に分かりやすく送るといいです。

例えば、

「大丈夫でしょうか?」

「お悔やみ申し上げます。」

この2つの文章の場合、後者の方が良いでしょう。

(ただし、親しい場合は、

前者でも構わない場合もあります。)

理由は、タイトルを見て中身が何のことなのか、

わかりにくいからです。

また、これだと誰から来たかわからない場合もあるので、

相手との関係が親しくない場合は、

分かりやすく氏名を入れると良いかもしれません。

次に、メールの本文では、

お悔やみ申し上げますと、

最後に悲しむ気持ちを含んだ文章を入れます。

そして、どうしても葬儀に参加できない場合、

文章の途中に、事情を説明するといいです。

例えば、

「出張の予定があり、お通夜にはお伺いすることが出来ません。

戻りましたら、改めてお参りさせて頂きます」

と言った具合に、です。

最後に、亡くなられた方のことは、

尊称で呼ばなければなりません。

以下に尊称の例を書いておきましたので、

当てはめて使用して下さい。

配偶者の場合   ご令室様・御奥様、ご主人様・ご夫君様
父の場合     ご尊父様・お父上様・父君様、ご岳父様(夫人の父の場合)
母の場合     ご母堂様・お母上様・母君様、ご岳母様(夫人の母の場合)
祖父母の場合   ご祖父様、ご祖母様
子供の場合    ご令息様・ご子息様、ご令嬢様・ご息女様
兄弟姉妹の場合  お兄上様、弟様、お姉上様、お妹様

スポンサーリンク

親戚に送る場合

お悔やみの言葉をメールで親戚に送る場合、

どうしたらいいのでしょうか?

まず、あまり親しくない相手の場合、

悲しむ気持ちを含みつつ、

形式的な文章で返答することになるでしょう。

しかし、相手との仲が良い場合は、

形式的だと逆によそよそしく感じますので、

逆効果です。

例えば、仲が良い親戚相手には、

以下の様な文章を持って行くと良いでしょう。

「お悔やみ申し上げます。

遠方のため、お通夜に参加できず、申し訳ありません。

気落ちしていないか、とても心配です。

どうか、心配をかけないようにするため、

気を遣って無理はしないように。

私にできることがありましたら、

いつでも連絡してください。

ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。」

親しい人に対しては、

このぐらいの、少しやわらかめの文章でも構いません。

ちょっとお堅い文章も含んでいますので、

その部分はアレンジして、調節してみて下さい。

上司にメールを送る場合

上司にメールを送る場合は、どうすればいいのでしょうか?

上司と仲が良いのであれば、

すこし崩して書いても良いと思いますが、

基本的には目上の人ですので、

失礼のないように書きたいところです。

例えば

「このたびは、お祖母様の逝去の報に接し、

心からお悔やみ申し上げます。

○○様は誰にでも別け隔てなく接して下さり、

ひとかたならぬお世話になっておりました。

出張のため、メールでのお悔やみとなりましたこと、

改めてお詫び申し上げます。

どうか、お気を落とさず、お身体気をつけてください。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。」

このようなメールで良いかと思います。

あとは、随所でアレンジして、使用してみてくださいね。

こちらの記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

→葬式の挨拶で孫代表の挨拶をする際の流れと2つのポイント!!

→【葬式の香典】親戚や上司のお香典の金額相場はどの位?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す