晩夏の候の時期はいつからいつまで?

夏も終わりに近づいてくると、良く聞く単語として

「晩夏」という言葉があります。

今回はそんな晩夏について、

書いていきます。

スポンサーリンク

晩夏とは?晩夏の候の時期はいつからいつまで?

晩夏とは、夏の終わり頃のことを指します。

そのため、晩夏は季語としても使われています。

また、晩夏の候とは「ばんかのこう」と言い、

手紙を出すときの冒頭の言葉として、

使用することもあります。

気になる晩夏の時期なんですが、

8月中旬のお盆を境に、

晩夏へと移行するようです。

もともと夏は、

  • 初夏
  • 梅雨
  • 盛夏
  • 晩夏

この4つに分類できるようです。

なんですが、ちょっと個人的に疑問に思うのは、

立秋になると盛夏と使わなくなることです。

→盛夏についてはこちらの記事を参照

スポンサーリンク

つまり、立秋に入る8月7日あたりから、

お盆が終わるまでは、晩夏と呼ばないのか?

ということです。

調べてみた結果、

晩夏とは言わないのが、通常のようです。

ただし、ある意見では、

8月は晩夏と括っているところもあるので、

一概には言えませんが・・・。

とりあえず、間違えなく「晩夏」と呼べる時期は、

夏の終わり頃で、暑さが感じられる、

8月中旬から9月上旬までのことです。

スポンサーリンク

コメントを残す