胡麻麦茶は高血圧に効果ある?副作用はない?カフェインは含んでる?

胡麻麦茶は、高血圧にいいとされていて、

特定保健用食品としても、認定されています。

今回はそんな胡麻麦茶について、

  • 胡麻麦茶って本当に高血圧に効果あるの?
  • 胡麻麦茶に副作用はないの?
  • 胡麻麦茶にカフェインは含まれていないのか?

ということについて、調べてみました。

スポンサーリンク

胡麻麦茶は高血圧に効果ある?

胡麻麦茶は、そもそも高血圧に効果があるのでしょうか?

サントリーによると、胡麻麦茶の中には

「胡麻ペプチド」という成分が含まれているそうです。

この「胡麻ペプチド」には、

簡単に言うと、血管を収縮する物質を生成する酵素の働きを阻害し、

血圧に効果があります。

ちなみに、その酵素の名前は

「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」という、酵素です。

この酵素を抑制する働きがあるのが、

何を隠そう胡麻ペプチドなのです。

これは、本当に効果があるようですね。

でも、胡麻麦茶と言っても、

実際にはピンからキリまであります。

その中でもやはり、一番見ておいた方がいいポイントが、

「特定保健用食品であるかどうか?」です。

というのも、特定保健用食品になると、

科学的データに基づき、その効果が証明されたもので、

かつ、消費者庁が認めたものだけが名乗れる商品なのです。

そのため、特定保健用食品出ないものを買ってしまうと、

効果が保証されていませんので、

実感するのは難しいかと思います。

というわけで、購入する場合は、

特定保健用食品かどうか?を見て購入しましょう。

さて、話をもう少し、深堀りしていきますと、

血圧が高めの場合、

  • 飲む量はどのくらい?
  • どの程度の期間飲めばいいの?

ということについても、調べてみました。

胡麻麦茶を1日に飲む量はどのくらい?

特定保健用食品になっている胡麻麦茶は、

1日辺り1本程度(350ml)を目安に、

飲むと良いそう。

実験データによれば、

胡麻麦茶は多くても3本までにしておくと、

健康上の問題は無いそうです。

胡麻麦茶の継続期間はどのくらい?

サントリーの胡麻麦茶の実験データによると、

胡麻麦茶を飲み続ける期間は、

2週間でなんとなく効果が見えてきて、

およそ1ヶ月で、目に見えてくるそうです。

ただし、2ヶ月目はデータを見る限り、

あまり効果が実感できない時期が続きます。

その期間を超えると、次に効果が実感できるのは、

3ヶ月目から先になります。

なので、

出来れば3ヶ月以上、継続して飲むことをオススメします。

スポンサーリンク

胡麻麦茶にカフェインは含まれていないのか?

サントリーの胡麻麦茶のサイトにある成分表を見てみると、

胡麻麦茶にカフェインは、含まれていませんでした。

これは、妊婦やお子さんにもオススメのドリンクですね。

胡麻麦茶に副作用はないのか?

これだけ万能な胡麻麦茶。

とはいえ、副作用も少しはあるようです。

まず、決められた量を超えて胡麻麦茶を飲んでしまうと、

「胡麻ペプチド」を取り過ぎてしまい、

低血圧症状や、空咳が出るといった思わぬ副作用が出てくるそう。

なので、多くても3杯を守って、飲み過ぎないようにしましょう。

また、長期摂取により、

体質により咳が出ることもあるようなので、

その場合は医師に相談してみてください。

そして、カリウムを多く含むサプリメントや、

カリウムを含んだ食品と一緒に摂ると、

相乗効果で血圧が下がりすぎてしまったり、

高カリウム血症になる可能性もあるそうです。

なので、サプリメントは飲まず、

食品にカリウムが含まれているかどうか、

気をつけたほうが良いかもしれません。

降圧薬を飲んでいる場合は、

「胡麻麦茶を飲んでも問題ないか?」

医師に相談してみてください。

とはいえ、以上の点に注意していれば、

基本的に問題ありません。

胡麻麦茶は血圧にも効果があり、

しかも、カフェインが含まれてない、

とても健康に良いお茶です。

この機会に是非、

飲み始めてみてはいかがでしょうか?

胡麻麦茶

amazon_button

ちなみに、胡麻麦茶について、

「試しに飲んでみたい!」って場合は、

手作りする方法についてもまとめてみました。

なので、こちらの記事を参考に、

胡麻麦茶を手作りしてみては、いかがでしょうか?

→美味しい胡麻麦茶を手作りする方法!!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す