掃除用クエン酸水の作り方!!スプレーの保存方法は?

掃除用や抗菌効果もある、クエン酸。

そんなクエン酸を使ってクエン酸水を作る方法や、

スプレーの日持ちする保存方法について、

まとめてみました。

スポンサーリンク

クエン酸水とは?

クエン酸水を作る前に、

クエン酸水の効果について、

知っておく必要があるでしょう。

まず、クエン酸には、

  • 水アカの分解
  • 抗菌効果
  • 消臭効果

以上の3つがあります。

例えば、台所の生ごみにクエン酸を掛けておくと、

消臭効果がなります。

また、ばい菌の増えそうな場所にかけておくと、

繁殖を抑えることも可能です。

ただし、場合によっては効かないものもあったり、

あまり長時間、抗菌効果があるわけではありません。

なので、出来ればこまめに掛ける必要があります。

スポンサーリンク

掃除用クエン酸水の作り方!!

まずは、いくつか用意するものがあります。

  • クエン酸
  • スプレーボトル

この3つです。

クエン酸のオススメを一応以下に貼っておくので、参考までに。

作り方は簡単で、

まず、空のスプレーボトルに水200mlと、

クエン酸小さじ1杯程度入れて、混ぜます。

はい、これで終わりです(笑)

量は適宜、調節してみてください。

クエン酸水を保存する方法は?

さて、このクエン酸水ですが、

じつは、あまり長持ちしません。

濃度が濃ければ数年は持つのですが、

飲める程度の濃度では、わずか数日が限度です。

(といっても、掃除用のクエン酸水を

飲む人は居ないでしょうが 笑)

先ほど作った量で言えば、

大体2~3週間程度でしょうかね。

また、カビや酵母菌といったものには、

クエン酸の抗菌効果のある中でも、生存できます。

なので、

「クエン酸水を作ったのにカビが出来てしまった」

なんてことも、十分にあり得ます。

では、どうしたらカビを防ぐことが出来るのでしょうか?

まずは、クエン酸水を冷蔵庫に入れて保管する方法。

これが一番楽かと思います。

もしくは、冷たくてあまり日の当たらない場所でも、

カビが繁殖しづらいため、大丈夫かと思います。

大切なのは、カビが繁殖しづらい場所に、

保管するということです。

次に、陽イオンの界面活性剤を入れることです。

これはこの言葉だけだと難しいので、

簡単に言ってしまうと。

洗濯用の柔軟剤、

もしくは、リンスやトリートメントに

入っていることが多いです。

なので、リンスやトリートメントをほんの少しだけ、

いれておくと、カビの繁殖を防ぐことが出来ます。

ぜひ、有効活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す