熱中症指数とは?熱中症指数表って?アプリで計れる!?

7月、8月はどうしても、暑い夏が続きますね。

そんな暑い夏の間に、

聞きなれない「熱中症指数」という言葉を、

発見しました。

今回は、この熱中症指数について、

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

熱中症指数とは?

まず、熱中症指数とは、

どういうものなのでしょうか?

熱中症指数とは、

「暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)」

のことで、

これは、熱中症を予防するために作られた、

指標のことです。

この暑さ指数は、大まかに

  1. 湿度
  2. その地域の熱環境
  3. 気温

この3つを測定して、出されている指標です。

この熱中症指数は、大まかに段階分けされていて、

4段階で構成されています。

  • 危険
  • 厳重警戒
  • 警戒
  • 注意

これらの段階について、

もう少し詳しく調べてみました。

熱中症指数(危険)

熱中症指数が危険の段階では、

全ての生活活動で、

熱中症が起こる危険性を示しています。

特に、高齢者の場合は、安静状態でも、

熱中症を発症する危険性が高いことを指しています。

この段階では、なるべく外出自体を避けて、

涼しい室内にいることが重要です。

また、この段階での運動も、

特別な事情がない限りは、中止してください。

熱中症指数(厳重警戒)

これも全ての生活活動で、

熱中症が起こる危険性があることを示しています。

外出時は、なるべく直射日光などの炎天下を避け、

室内にいたとしても、温度を気にするようにしましょう。

また、運動の場合は、長時間の運動や、

激しい運動は、体温の上昇に繋がりますので、

避けるようにしましょう。

熱中症指数(警戒)

熱中症指数が警戒の段階から、

熱中症になる危険が一気に増します。

警戒の段階では、水分補給だけでなく、

定期的に休憩を挟む必要があります。

特に、激しい運動や作業をする場合、

こまめに休むことをオススメします。

熱中症指数(注意)

熱中症指数が注意の段階では、

一般的な生活活動で熱中症になる危険性は少ないです。

しかし、激しい運動や作業の場合、

熱中症になり得るため、

やはり、熱中症対策を取る必要が出てきます。

スポンサーリンク

熱中症指数が分かる「熱中症指数表」

熱中症指数の意味が大体分かったところで、

「じゃあ具体的に、どうやって指数を測っているの?」と、

疑問に思ったのではないでしょうか?

実は、熱中症指数には、ひと目で分かる

「熱中症指数表」というものがあります。

それがこちら

これを見れば、今現在熱中症指数が、

どの程度になっているか、ひと目で分かりますよね。

熱中症指数を計るアプリ!?

しかし、わざわざ熱中症指数表を見て、

温度や湿度を割り出して・・・といったことをやるのは、

一手間かかります。

そこで、今回は熱中症指数を計るアプリを探したところ、

発見しましたので、それを紹介します。

まず、アンドロイドの場合は、

Google Playでこちらのアプリが、

使用できるようです。

→熱中症指数のアプリ(アンドロイド)

また、iTunesにも、熱中症指数を計るアプリが、
存在しました。

→iTunesにある、熱中症指数が計れるアプリ

これをこまめにチェックすることで、

今いる地域の大まかなの指数を、

ある程度、計ることが出来ます。

しかし、アプリだけでは、

大まかな地域の指数しか、チェックできません。

そこで、現在は熱中症指数計という、

計測機器があります。

これを使えば、今いる場所の熱中症指数を、

計ることができるので、オススメです。

→熱中症指数計はこちら!

熱中症指数計

それでは、今年も頑張って、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す