自衛隊の転勤で内示の時期はいつ?頻度はどの位?

自衛隊には、転勤がありますが、

意外と詳しく知らない人も多いようです。

そこで、今回は自衛隊の転勤で、

  • 内示の時期はいつ?
  • 頻度はどの位?

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

自衛隊の転勤で内示の時期はいつ?

自衛隊の転勤で、内示がでる時期は、

何時ごろなのでしょうか?

調べてみると、自衛隊には、

大まかに2種類のタイプに分かれます。

ひとつは制服を着ている自衛官と呼ばれる人たち、

もう一つは、スーツを着ている事務官と呼ばれる人たちです。

まず、自衛官の転勤の時期は、

基本的に2回あります。

1回は、3月下旬~4月1日にかけて転勤する場合、

もう1回は、8月1日に転勤する場合です。

自衛官はこの2回が、転勤時期のようです。

次に、事務官の場合。

事務官は基本的に4月1日の1回のみです。
あくまでこれは一般的な場合に限った話です。

実際に元自衛隊の人の話を聞いてみると、

若手の場合や、曹士などの下位の階級の場合は、

特定の転勤時期が無いのだとか。

転勤の目的には、若手の知見を広げるためとか、

そういった意味合いも込められていますから、

ある種必然と言えるでしょう。

そのため、1年中転勤があるものだと、

考えたほうが良いようです。

ちなみに、転勤する1ヶ月前には、

必ず内示を出さなければなりません。

なので、4月1日に転勤をする場合は、

2月下旬頃に内示があるようです。

8月1日の場合も同様に、

6月下旬~7月上旬に、内示があります。

スポンサーリンク

自衛隊の転勤の頻度はどのくらい?

予期せぬ転勤がそう何度も起こっては困りますし、

具体的な頻度を知りたいところですよね。

自衛隊の転勤の頻度は、一体どのくらいなのでしょうか?

調べてみると、場合によって変わるそうですが、

幹部自衛官だと、大体2~3年ごとに転勤となります。

また、曹は部隊に配属されてから、

2年~10年程度で転勤になります。

もともと曹は、部隊を整える役割もあるため、

長めに設定されているようですね。

士は、配属になった部隊で勤務を続けるため、

基本的に転勤はありません。

ただし、若手の場合は、経験を積ませる目的もあるため、

転勤しても仕方ないことなのかもしれませんけどね。

このように、階級によって結構、

転勤の頻度が変わるので、注意したいところです。

他にも、幹部は全国規模で転勤があるのに比べ、

准尉から2士までは、部署異動の転勤になることが、

多いようです。

このことから、

意外と幹部になると大変だということが、分かりますね。

転勤については、以下の記事もどうぞ。

→国家公務員の転勤で内示はいつ?赴任期間や費用はいくら?

→転勤族の主婦で友達の作り方!!パートや仕事の資格は?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す