国家公務員の転勤で内示はいつ?赴任期間や費用はいくら?

国家公務員には、転勤がつきものです。

しかし、いざ転勤となると、色々な疑問が出てきますよね。

 

そこで今回は、

  • 国家公務員の転勤で内示はいつ?
  • 赴任期間や費用はいくら?

ということについて、書いていきます。

 

国家公務員の転勤で内示はいつ?

転勤を行う際に、内示を出さなければなりません。

 

一般的に転勤というと、

住む場所が変わることを想像しますが、

転勤には住居の変更を伴う転勤と、

住居の変更を伴わない転勤があります。

 

 

基本的に住む場所が変わる転勤の場合、

時間がかかることもあり、早めに内示が出ます。

 

大体、転勤の意向を前もって確認するのが、3週間前。

内示が出るのが、2週間前です。

 

 

個人的には、内示が2週間前だと、

お引越しが大変な気はしますけどね。

 

大体2週間前ぐらいのところが、多いということです。

 

 

では、住む場所が変わらない場合の転勤は、

どうなのでしょうか?

 

 

こちらは住む場所も変わらないため、

意向を確認するのが2週間前。

 

内示が出るのが、1週間前頃です。

 

赴任期間や費用はいくら?

さて、転勤が決まった場合、

赴任期間はどのくらいになるのでしょうか?

 

一般的な国家公務員の赴任期間は、

約3年程度です。

 

 

では、公務員が一回の移転で払う費用は、

いくらぐらい掛かるのでしょうか?

 

まず、引越代の料金がありますよね。

 

男女2万人に行った「引越しに関する調査」によると、

引っ越しの平均額は、およそ10万円程度。

 

時期によっても大分違いますので、

多く見積もって15万円程度は必要になります。

 

トラックの移動距離によっても、引越し費用は変動しますので、

その点に注意しておきましょう。

 

 

また、公務員宿舎などに泊まっている場合、

畳や壁紙の張替え料金など、その他諸々を含めて、

数万円~10万円程度の料金が掛かります。

 

このため、1回の引っ越しで、

約30万円以上、掛かってしまうようです。

バカにならない数字ですよね(汗)

 

 

ちなみに、地方公務員や国家公務員には、

移転料という、費用の一部を補填する費用が出ます。

 

これだけ転勤が多い公務員ですから、

出ても当然のことかと思います。

 

 

と言っても、費用すべてが出るわけではなく、

大体半分を負担する程度の額だと思って下さい。

 

この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

→自衛隊の転勤で内示の時期はいつ?頻度はどの位?

→転勤族の主婦で友達の作り方!!パートや仕事の資格は?

→国家公務員は転勤を拒否することが出来る?断る際の3つの理由!!