ヒトスジシマカの寿命は?生息地や行動範囲は?やぶ蚊と一緒?

最近、デング熱で有名となっている、

ヒトスジシマカ。

しかし、その生体について、

あまり詳しくは知らないですよね?

そこで今回は

  • ヒトスジシマカの寿命は?
  • ヒトスジシマカの生息地や行動範囲は?
  • ヒトスジシマカはやぶ蚊と一緒?

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

ヒトスジシマカとは?

ヒトスジシマカとは、

黒色で背中に一筋の白い線がある蚊のことを言います。

ヒトスジシマカはやぶ蚊と一緒?

ヒトスジシマカの分類は、ヤブカ属です。

そのため、ヒトスジシマカはやぶ蚊と一緒というより、

ヤブカの仲間です。

ヒトスジシマカの寿命は?

ヒトスジシマカの寿命は、意外と短く、

成虫になると、たったの40日程度しか、

生きることが出来ません。

ちなみに、ヒトスジシマカの大きさは約4.5mmと、

小さめで機敏な動きが特徴です。

スポンサーリンク

ヒトスジシマカの生息地や行動範囲は?

まず、ヒトスジシマカの生息地ですが、

空き缶や古タイヤ、植木鉢の皿など、

雨水が溜まっている部分であれば、

どこでも生息できるようです。

また、ヒトスジシマカは寒さが苦手で、

生息地の北限については、岩手県が北限となります。

なので、沖縄から岩手県までが、

ヒトスジシマカの生息地です。

季節的なことを言えば、東京だと10月ぐらいまで、

蚊は生息していますので、注意が必要ですね。

次に、デング熱を媒介する蚊のため、

1匹のヒトスジシマカの行動範囲が、

気になるところですよね。

一般的に、ヒトスジシマカの行動範囲は、

100m~150mと、かなり狭いとされています。

これは、蚊の一種であるアカイエカと比べると、

大分行動範囲が狭いです。

(アカイエカの行動範囲は数km~数百km。)

このため、ヒトスジシマカが飛び回って、

感染範囲が広がるということは、

可能性として低いようです。

ただし、デング熱ウイルスを持った人間が、

日本全土に渡った場合、

近くのヒトスジシマカに血を吸われると、

被害が拡大する可能性もあります。

なので、油断はできませんね。

→デング熱の予防法については、こちらの記事もあわせてどうぞ!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す