デング熱の症状は発疹やかゆみ以外にもある?

最近話題となっているデング熱。

しかし、そのデング熱の症状について、

説明しているところはあまり見当たりません。

そこで今回は、

デング熱の症状について、書いていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

デング熱の症状は?

デング熱は、蚊を媒介としてデングウイルスが感染する、

急性の熱性感染症です。

デングウイルスには、1型~4型までの4つの型があり、

どれも同様の症状が起こるため、

ウイルスの型が特定できないという、厄介なウイルスです。

さて、そんなデング熱にかかると、

どのような症状が現れるのでしょうか?

デングウイルスに感染後、

約2日から10日ほどで、突然の高熱を発症します。

また、高熱になると同時に、

頭痛や眼の奥の痛み、腰痛、筋肉痛などの症状が出ます。

場合によっては、腹痛や嘔吐を伴う吐き気、

倦怠感などが現れることも。

高熱が出てから3日程度経つと、

今度は発疹が出ることもあります。

デング熱は、こういった症状を発症しますが、

約1週間程度で症状が治まります。

もしかすると、あなたは今

「デング熱って、大したこと無いな」と、

思ったかもしれませんね。

しかし、デング熱が本当に恐ろしいのは、

2回目以降なのです。

2回目のデング熱にかかると、

1回目のデング熱と同様の症状をたどります。

しかし、熱が平熱に戻る頃に、

血液中の液体が血管から漏れだしたり、

出血する症状が現れたりすることも。

これは、デング出血熱と呼ばれていて、

適切な治療を行わない場合、

最悪お亡くなりになる場合もあります。

(と言っても、調べた限りでは、

1%にも満たないほど小さな確率ですが。)

また、血液の漏れが進行すると、

ショック症状を起こすことも。

これは、デングショック症候群と呼ばれています。

このデング出血熱が危ないため、

デング熱に掛からないように、

注意を呼びかけているわけです。

スポンサーリンク

デング熱の治療方法は?

残念ながら、現在は予防薬も無ければ、

デングウイルスに対する治療薬も存在しません。

そのため、デング熱にかかった場合は、

対処療法を行います。

基本的には、鎮痛解熱剤を投与にとどまります。

ただし、アスピリンは出血傾向を促すため、

禁止されているようです。

また、出血の症状が出た場合は、

血液の輸血によって、血液量を補う治療を行います。

デング熱にかかった後の予後はどうなる?

デング熱の予後は、他の出血熱と比べると、

はるかにリスクが少ないです。

これといって後遺症が残るわけでもありませんので。

なので、2回目以降の感染の場合、

出血する時期が一番の山場です。

とはいえ、出来るだけ掛からないようにしたいところですので、

デング熱の予防はしっかりとしておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す