初秋とは?いつからいつまで?初秋の候の読み方や手紙の例文は?

もう初秋の時期ですね。

と、気取って使ってみたものの、

私自身「初秋の意味が良く分からない!」と、

思っていたものです(笑)

そこで今回は、初秋について、

詳しく調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

初秋とはいつからいつまでのこと?

初秋とは、秋の初めのころのことを指します。

初秋の時期は調べてみると、

陰暦で7月頃、新暦で8月頃のことを指します。

これだけいうとイマイチピンと来ないので、

更に具体的に示すと。

大体立秋(8月8日頃)が始まり、

白露の前日(9月7日頃)までのことを、

初秋と呼ぶそうです。

→立秋についてはこちらの記事を参照

スポンサーリンク

初秋や初秋の候の読み方

まず“初秋”の部分について。

初秋の読み方は「しょしゅう」です。

もしくは「はつあき」でも、辞書を引くと出てきますので、

間違いではないです。

続いて、初秋の候です。

初秋の候は「しょしゅうのこう」です。

こちらは「はつあき」とは言いません。

ちなみに「候」には、

“気候”という意味が込められているため、

季語と用いるとおおよそ「○○の気候になりました」

という意味になります。

初秋の候を用いた手紙の例文

基本的に、はじめの文はいくつか種類があって、

それぞれ使い分けでどうにかなりそうです。

  • 初秋の候、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 初秋の候、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
  • 初秋の候、いよいよご多忙のほどお喜び申し上げます。

こんな感じですね。

使ってみると、意外と味のある文章になるかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す