お歳暮のお礼ではがきにイラスト入れていい?例文や年明けの場合は?

普段からお世話になっている方から、

お歳暮を貰うことになりました。

 

こういったお歳暮って、

貰った後のお礼について、

迷うことがありますよね。

 

そこで今回は

  • お歳暮のお礼はがきの例文
  • お歳暮のお礼に送るはがきでイラストはあり?
  • お歳暮のお礼が年明けになる場合は?

ということについて、書いていきます。

 

お歳暮のお礼はがきの例文!

お歳暮のお礼のはがきは、

どうやって書いたらいいのでしょうか?

 

書く前にまず、忘れないで欲しい点があります。

それは、日頃お世話になっていること、

お歳暮を頂いたことに対して、

感謝の気持ちを言葉にしてを述べるということです。

 

この2点だけは、しっかりと理解して、

自分なりに以下の例文をアレンジしてみてください。

 

さて、書き方のポイントですが、

最初に季節のあいさつから入ります。

例えば「師走の候」や「年の瀬も押し迫ってまいりました」などです。

 

この季節のあいさつの後に、

相手の安否を気遣う言葉が続きます。

 

例えば

  • ○○様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • お元気でご活躍のことと存じます。

などです。

 

その後、日ごろお世話になっていることに対する御礼と、

お歳暮に対する御礼を述べます。

 

この辺りは個人的なアレンジを加えて書いてみてください。

当り障りのない文章になると、

かえって不自然になります。

 

そして、相手の家族への心遣いと、

相手の健康を祈る言葉を書いて、結んでいきます。

 

異常をまとめると、大体このような形になります。

「拝啓

年の瀬を迎えあわただしくなってきましたが、

お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

おかげさまで私たちは、

変わりなく元気で過ごしておりますので、

なにとぞご休心ください。

 

さて、このたびは大変結構なお歳暮の品をお送りくださり、

本当に有難うございました。

 

いつもながら細やかなお心づかいに、恐縮するばかりです。

家族ともども、大変喜んでおります。

 

この寒気もさらに強まりそうですので、どうかご自愛いくださいませ。

 

略儀ながら書中にてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

敬具」

 

大まかにこのような流れになりますが、

要所は自分なりにアレンジして、使用してみてくださいね。

 

お歳暮のお礼のはがきにイラストを入れてもいい?

お歳暮のお礼のはがきに、

イラストを入れてもいいのでしょうか?

 

上司などにお礼のはがきを送る場合は、

イラストは入れないほうが無難です。

 

ただし、上司と親しい間柄であれば、

送っても構わないかと。

 

その辺りの線引は、働いている時の信頼関係で、

おおよそ分かるかと思います。

 

また、友人関係の場合は、絵柄入りで大丈夫です。

 

あなたがイラスト入りのはがきをもらった時のことを、

想像してみてください。

 

落ち着いた絵柄で高級感のあるものであれば、

嬉しい気持ちになりますよね?

 

ただし、イラストを入れるにしても、

高すぎるはがきを使った場合、

相手は「なんだかこんな高級そうなはがきをもらって、申し訳ない」

という気持ちが出てきてしまいます。

なので、丁度いいところまでで止めたほうが良いでしょう。

 

お歳暮のお礼が年明けになる場合は?

お歳暮とは、本来はお世話になった方々に贈るものです。

 

そのため、本来であれば贈り物を頂いた側は、

特にお返しは必要ありません。

 

しかし、もし、お歳暮を頂いてから、

お返しを贈ることになった場合は、

どうしてもお歳暮の時期と外れてしまいます。

 

では、お歳暮のお礼が年明けになってしまう場合は、

どうすればいいのでしょうか?

 

まず、少なくとも礼状は速やかに

送るのが礼儀です。

 

その上で、お返しをどうしても贈りたい場合は、

頂いたものと同額程度の御礼の品を贈って下さい。

 

通り年明けになった場合は、

お歳暮より「寒中お見舞い」で送ったほうが無難です。