運動会の競技でユニークな幼稚園のものは?サッカーを合わせる!?

秋の季節になってくると、

楽しみなのが、運動会の競技。

 

かけっこのような古くからあるような定番競技から、

最近では、幼稚園や小学校で、ユニークなものもありますよね。

そこで今回は、運動会の競技で

  • ユニークなものは?
  • サッカーを合わせた競技は?

ということについて、書いていきます。

 

運動会の競技でユニークなものは?

まず、運動会の競技で、

ユニークで面白そうな競技を、紹介していきます。

 

最初に面白いと思った競技は、十字縄引き。

 

通常の綱引きでは1本の綱を引いて勝敗をつけますが、

この十字綱引きは、2本の綱を使用します。

 

2本の綱を十字にクロスさせ、

2チームに分かれて綱を引くのです。

 

これは4チームでやる事もできますし、

2チームでそれぞれ分かれてやるのも面白いです。

 

2チームで分かれて競技をすると、

それぞれの力のバランスを考えて綱を引く必要があります。

 

そのため、単なる力勝負だけでなく、

頭を使うことも重要になっていきます。

 

なので、大人でも楽しめる綱引きだったりします。

 

次に、移動玉入れというものがあります。

 

この移動玉入れでは、

赤と白でそれぞれかごを背負って逃げまわります。

 

その背負ったかごに玉を入れると。

 

これならかごが止まっていないので難しいですし、

幼稚園でやるとしたら、大人が逃げ回りつつ、

子どもがカゴに玉を入れるというのも、

アリかもしれませんね。

 

ぶつけられる可能性もあるので、

その辺りは考えないといけないですが^^;

 

ちなみに、ユニークな競技名をつける幼稚園や学校も、

最近では多くなってきています。

 

例えば、流行語大賞になった「今でしょ!」とか、

「倍返しだ!」と言った言葉を、

競技の内容と合わせてタイトルにするというもの。

 

「抜かれたら抜き返す、倍返しだ!」

みたいな感じですね(笑)

 

そんな感じで競技名もユニークなものをつけると、

プログラムを読むのも楽しみになるので、オススメです。

 

ただし、ちゃんとした正式名を書かないと、

何のことか分からなくなるので注意が必要です。

 

運動会の競技でサッカーを合わせる!?

運動会の競技で、サッカーを持ち込むと、

面白いかもしれませんね。

 

サッカーと言っても、

本当にサッカーをするわけではありません(笑)

 

あくまで運動会なので、

例えば、障害物競争として、取り入れるということです。

 

サッカーのユニフォームを着たり、

サッカーボールで一部ドリブルをして、

ゴールにシュートして次に移る競技などです。

 

そうすることによって、

あくまで運動会の競技から離れず、

うまくサッカーを取り入れることが出来ます。

 

親子の競技で二人三脚状態でやるのも、

面白いかもしれませんね。

 

ぜひ、面白い競技を考えて、

ユニークな運動会にしてみてください。

 

→運動会での挨拶については、コチラの記事を参照