百日紅の名前や漢字の由来は?

夏の季節を代表とする、百日紅。

 

日本でも盆栽などで育てたりしますが、

今回は百日紅の名前や漢字の由来、

また、百日紅の読み方について、書いていきます。

 

百日紅の読み方は?

まずは、百日紅の読み方ですね。

これは百日紅と書いて(さるすべり)と読みます。
しかし、場合によっては(ひゃくじっこう)とも、

呼びます。

 

百日紅の名前や漢字の由来は?

百日紅は、樹皮がとても滑らかでツルツルとしています。

 

そのため、「猿も滑って落ちる」ということから、

「さるすべり」と名付けられました。

 

なので、漢字で「猿滑り」と書いても、

間違いではないです。

 

ちなみに、その木が滑らかで、

木の肌を掻くとくすぐったそうな印象から、

「くすぐりの木」や「こちょこちょの木」とも、

呼ばれているそうな。

 

木に対して「くすぐったそう」と思うのは、

なんとも面白い発想ですね(笑)

 

それはさておき、

では何故、猿滑りが百日紅になったのでしょうか?

 

その前にまず、さるすべりが「百日紅」と呼ばれるようになった、

由来についてです。

 

百日紅は、開花の期間が長く、

その字から連想できるように「100日間咲く」という意味があります。

 

また、百日紅は紅い花を咲かせるため

(といいつつ、白い花もありますが 笑)、

“百日紅”と書きます。

 

その他にも、中国出身の百日紅は、

百日紅の花木にちなんだ中国の物語もあります。

 

中国の物語では、

女性が恋人と100日後に合うことを約束したのですが、

100日目を目前にして、その女性は他界し、

その日の後に咲いた花とされています。

 

現在では猿滑りと百日紅がくっついて、

百日紅と書いて「さるすべり」と、

現在では読んでいるのです。

 

百日紅について、以下の記事も多く読まれていますよ。

→百日紅の種の育て方は?盆栽の植え替えの方法や時期は?

→百日紅の剪定の仕方と時期は?