百日紅の種の育て方は?盆栽の植え替えの方法や時期は?

百日紅の育て方

今の時期綺麗な花を咲かせる百日紅。

今回は百日紅について

  • 種からの具体的な育て方は?
  • 盆栽の場合の植え替えの方法は?
  • 植え替えの時期は?

ということについて、書いていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

百日紅の種からの育て方は?

まず、百日紅を種から育てるのは、

可能なのでしょうか?

これは、結論から言うと、可能です。

ですが、花が咲くまでに数年かかるので、

その点だけ、注意が必要です。

さて、この種まきの時期には、2種類あります。

  • 秋ごろに種をまく「採り蒔き」
  • 春ごろに種をまく「春蒔き」

以上の2種類です。

ただ、百日紅は若干寒さに弱いため、

基本的には春蒔きの方をオススメします。

春蒔きの時期としては、

大体4月下旬から、5月上旬辺りです。

そのぐらいの時期に巻くと、

大体2週間ほどで芽を出します。

植える場所は水はけがよく、

よく肥えた土が良いとされています。

植える時は2~3mmほどの深さで、土をかぶせます。

この時の注意点として、

地植えの場合は、日に当たる場所に植えて下さい。

でないと、百日紅の花が咲きづらくなるからです。

百日紅の育て方

ここからは百日紅の共通の育て方について、

書いていきます。

百日紅は先ほども書きましたが、

日当たりの良い所で育てましょう。

百日紅の水やりは、

炎天下が2週間も続かない限りは、

雨が降れば事足ります。

もし、暑い日が続き、

雨が全然降らない場合は、水を上げましょう。

あと、地植えした直後の場合は

根付くまで、しっかりと水やりをして下さい。

鉢植えの場合は雨が降りませんので、

こちらは乾いたら水をしっかりと含ませます。

百日紅の肥料はどうするの?

肥料は、地植えの際に肥料を混ぜ込むのが1度目、

そこから1ヶ月~2ヶ月が経過した頃に、追肥をします。

鉢植えで育てている場合は、

2週間に1回ずつ、液体で肥料をあげます。

スポンサーリンク

百日紅の盆栽の植え替えの方法や時期は?

百日紅の盆栽は、育ちすぎないためにも、

植え替えが必要になってきます。

百日紅の植え替えの時期は大体2年に1回ほど。

基本的に新芽が出始める春か、

成長が止まっている冬のどちらかです。

基本的には春が良いでしょう。

百日紅の植え替えの方法についてですが、

これは、そのままの場合は、同じ大きさの鉢を使用して、

植え替えます。

もし、百日紅を大きくしたいのであれば、

地植えか一回り大きな鉢に植え替えをします。

ただし、地植えの場合は、

3月~4月頃の春に行います。

植え替えの方法は、土を3分の1ほど落としてから、

新しい土に植え替えるだけです。

以上の点に注意して、

百日紅にきれいな花を咲かせてくださいね。

百日紅について、以下の記事も多く読まれていますよ。

→百日紅の剪定の仕方と時期は?

→百日紅の名前や漢字の由来は?

    スポンサーリンク

    コメントを残す