栗ご飯の炊き方!!鍋や炊飯器で炊くには?

秋の味覚といえば、やっぱり栗ですよね!

そこで今回は、

栗ご飯の炊き方について、鍋で炊く場合や、

炊飯器の場合について、書いていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

栗ご飯の栗の皮むき

まずは栗の準備ですね。

栗の皮むきは難しいのですが、

前準備をしっかりしておくことで、

栗の皮むきが格段に楽に出来る方法があります。

栗の皮むきの手順については、

  • 栗を水、もしくはぬるま湯につける
  • 栗の皮をむく

この2つのポイントが重要です。

では、それぞれ細かく見て行きましょう。

1.栗を水、もしくはぬるま湯につける

まずは栗をむく前に、水やぬるま湯に漬けることです。

水やぬるま湯に漬けることで、

皮が少し柔らかくなり、むきやすくなるからです。
栗を水やぬるま湯に漬けておく時間は、

最低でも1時間以上前から行って下さい。

3~4時間かけて漬けておけば、十分です。

栗の皮をむく

次に、栗の皮むきです。

栗の皮むきには、優先順位があります。

まず、栗の白い部分の皮を、包丁で切ります。

なぜなら、この白い部分は、外側の鬼皮と、

内側の渋皮がくっついているため、

非常にむきづらいからです。

白い部分を切り落としたら、

切り落とした部分から、包丁か手で、

外側の硬い皮を剥いでいきます。

水やぬるま湯に漬けているので、

手でも簡単にむけると思います。

その後、内側の少し茶色い渋皮が出てくるので、

今度は渋皮も剥いでいきます。

この渋皮は、包丁を使ってむいていきます。

この時もおしりの部分から開始して、

左手、もしくは右手でしっかりと包丁を持ち、

むいていきます。

スポンサーリンク

栗ご飯に使う栗のアク取り

皮を向いたら、すぐに水をつけてアクを抑えます。

栗を水にさらしてアクをとる時間は、

大体3~4時間程度です。

鍋の場合の栗ご飯の炊き方!!

まずは、鍋で炊く場合の栗ご飯の炊き方です。

2合分、もしくは3合分のお米を研いで水気を切ります。

大体炊く前の1時間前くらいに、お米を研いで下さい。

その後、お米の水気を切り、

水気を切った米と、

同程度の量になる水を用意します。

その水に、30分程度、お米を水に漬けておきます。

先回りして、その水に入れる分の塩を、

用意しておきます。

  • 2合分であれば、小さじ1杯と3分の1。
  • 3合分であれば、小さじ2杯分です。

このお塩は、30分程度たったら、

水に漬けてある米と混ぜて下さい。

時間を置いて分ける理由は、

最初から塩水にした場合だと、

お米が水分を吸いづらくなり、

お米が固くなってしまうからです。

その後、具材を入れ、一緒に炊いて完成です。

炊き方については、お米を炊く要領と一緒ですが、

説明していきますね。

まず、鍋の中に水を入れ、

米が平らになるように、軽く混ぜます。

その状態で鍋を火にかけて

鍋の水が沸騰するのを待ちます。

火の強さは中火程度です。

沸騰し始めたら、2分間、火加減をそのままに、

炊き続けます。

時間は、時計やタイマーなどで計って下さい。

沸騰し始める合図は、

泡が立つ音が聞こえたり、

泡が出てきたりしたら、沸騰した合図です。

沸騰してから2分後、火加減を若干弱めて、

更に3分間炊きます。

最後に、弱火にして5分~7分程度、

炊いたら完成です。

もし、5分程度たった後に、まだ水が残っている場合は、

更に1分から2分程度、火にかけて様子を見ます。

この時、10秒程度強火にして、

蒸らしてから弱火に戻して下さい。

以上が、鍋での栗ご飯の炊き方です。

まとめると

  • 鍋の中に水を入れ、米が平らになるように、軽く混ぜる
  • 鍋を火にかけて鍋の水が沸騰するのを待つ。(中火)
  • 沸騰し始めたら、2分間、そのまま炊き続ける。(中火)
  • 火加減を少し弱め、更に3分間炊く。(中弱火)
  • 弱火にして5分~7分程度炊く
  • 水が残っていたら1分毎に確認する(10秒強火で蒸らして弱火に)

これで、お鍋で美味しい栗ご飯が炊けます。

栗ご飯を鍋で蒸らす

炊きあがったら、蒸らす必要があります。

蒸らすことで、

芯までふっくらと美味しく炊き上がるからです。

蒸らす時間は、およそ10分程度。

蓋をしたまま待つだけなので、

タイマーを掛けて待つと良いかもしれませんね。

蒸らし終え、しゃもじでお米全体をまぜたら完成です。

鍋の場合の栗ご飯の炊き方については、終了です。

炊飯器の場合の栗ご飯の炊き方!!

炊飯器で炊く場合は、

いつも通りのごはんを炊く要領で大丈夫です。

3合の場合、30分以上浸水させた後、

塩を小さじ2杯を加え、具材を入れて炊き始めます。

2合の場合は塩の量が小さじ1杯と3分の1です。

こちらの方が鍋より手間が少ないので、

初めて炊く場合にはオススメですね。

以上で、栗ご飯の炊き方については終了です。

ぜひ、秋の味覚を堪能してみてくださいね。

よければ、栗ご飯に関する以下の記事も、

読んで頂けると幸いです。

→栗ごはんは冷凍保存出来る?冷凍栗で作れるの?

→栗ご飯のもち米の割合や水加減は?

→栗の中身が黒いor茶色の場合は食べれる?

スポンサーリンク

コメントを残す