熱中症で頭痛の症状!!微熱に筋肉痛!?翌日の眠気も!?

あなたは、暑い夏の日に、

頭痛になった経験はありませんか?

実は、熱中症で、

頭痛の症状が出ることがあります。

今回は熱中症で出た頭痛の症状について、

細かく調べてみました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

熱中症で頭痛の症状!

頭痛は、基本的な熱中症の症状として、

挙がっています。

これは、熱中症における“熱疲労”と

呼ばれている状態です。

熱疲労の症状は様々で、

他にも目眩や立ちくらみ、吐き気などが、

場合によっては現れます。

熱中症の頭痛で微熱が・・・

熱中症で頭痛を起こす際、

微熱を発症することがあります。

これは、熱が体内から

上手く逃げていない証拠です。

微熱やだるさ、頭痛と言った症状は、

熱疲労という症状でもあります。

ただ、微熱だとどうしても、

風邪の症状と似ているため、

区別をつけるのが難しくなってきます。

また、子供の場合は、激しい運動をするため、

どうしても平熱が高くなってしまいがちです。

そのため、子供の場合は特に、

熱中症に対する警戒が必要になってきます。

さて、熱中症と風邪を判断するには、

どうすればいいのでしょうか?

一番判断しやすい点は、

せきや、のどの痛みといった、

「風邪特有の症状がないか?」という点です。

この判断基準で、熱中症かどうかを、

見極めて下さい。

どうしても、判断しかねる場合は、

近場のお医者さんで、診てもらうと良いでしょう。

熱中症で筋肉痛に!?

意外かと思いますが、熱中症で筋肉痛も起こり得ます。

これは何故かと言うと、大量の発汗により、

体内にある塩分が外にでてしまい、

塩分が欠乏することで起こります。

塩分が欠乏すると、

筋肉痛や筋肉の硬直を起こすそうです。

この筋肉痛や筋肉の硬直は、

場合によっては、痛みを伴うそうです。

熱中症の頭痛で翌日に眠気も?

熱中症は、症状の度合いによって、

翌日まで続く恐れがあります。

翌日になっても頭痛や目眩、嘔吐など、

症状が残っている場合は、

翌日以降も熱中症の治療に専念しましょう。

この時の治療法としては、

首筋のリンパ節のところを冷やすようにして下さい。

熱中症の眠気

熱中症にかかわらず、暑い夏はどうしても、

寝苦しい夜が続くものです。

そのため、自然と睡眠不足になり、

熱中症に掛かりやすくなってしまいます。

また、熱中症の場合でも、眠気は起こり得ます。

これは熱疲労の症状なのです。

スポンサーリンク

頭痛を伴う熱中症の治療法!

さて、頭痛を伴う熱中症の治療は、

どうすればいいのでしょうか?

まず、すぐにすべき治療としては、

濡れタオルなどを使って、

首筋にあるリンパ節を冷やし、

体温を下げることです。

この時、氷や保冷剤などの冷たいものを、

直接当てるのは禁止です。

何故かと言うと、冷たいものを直接当てることで、

血管の収縮により、熱の発散を妨げてしまい、

かえって逆効果になるからです。

また、スポーツドリンクなど、吸収されやすいもので、

水分と塩分を補給しましょう。

特に、筋肉痛の場合は塩分の欠乏が原因のため、

スポーツドリンクで塩分を補給することは、

必須となります。

最後に、寝苦しい夏だからこそ、

睡眠不足を上手く、解消することが、

熱中症対策となり得ます。

この3点を上手く抑えて、

熱中症の治療、対策を行って下さいね。

それでは、今年も頑張って、暑い夏を、

上手に乗り切りましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す