夜長の読み方や意味は?夜長の候の時期はいつ?

秋といえば、夜長ですね。

・・・とは書いてみたものの、

夜長って一体どういう意味なんでしょうか?

というわけで、今回は秋の夜長について、

色々と書いていきます。

スポンサーリンク

夜長の読み方は?

夜長と書いて「よなが」と読みます。

夜長の読み方は、多くの人が使っていて、

耳に残る言葉なので、特に問題ないかと思います。

夜長の意味は?

秋になり、日が沈む時間も早くなっていくので、

夜が非常に長く感じられることから、

夜長と言われています。

また、残暑も無くなり、夜が急に長くなったことに対して、

少し寂しく思うという意味も、こもっているようです。

ちなみに、夜長には反意語として、

日永という言葉があります。

スポンサーリンク

夜長の候の時期は?

「夜長」という言葉には、

季語の意味を含んでいて「秋の夜長」として、

手紙に挨拶文として書くとも出来ます。

また「夜長の候(よながのこう)」という風に、

手紙の挨拶文で使用することも。

夜長は季語ですので、

使用できる時期に注目してみたところ、

9月または10月となっていました。

なので、9月、10月頃に

秋の夜長や夜長の候と言った言葉を挨拶に持ってくるのも、

風情があって良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す