うろこ雲とひつじ雲の違いは?英語でいうと?季節はいつ?

最近、空を眺めるとうろこ雲が見えますね。

しかし、うろこ雲って一体どのようなものなのでしょうか?

今回は、うろこ雲について

  • うろこ雲の季節はいつ?
  • うろこ雲を英語でいうと?
  • うろこ雲とひつじ雲の違いは?

以上のことについて、説明していきます。

スポンサーリンク

うろこ雲とは?

うろこ雲とは、巻積雲という雲のことを言います。

この巻積雲(けんせきうん)は、

見た目がうろこのように、デコボコとした雲です。

なので、巻積雲には、さば雲やいわし雲といった、

魚の鱗に例えた雲の名前が、ついています。

うろこ雲、さば雲、いわし雲は、

すべてこの巻積雲のことを指しています。

が、人によっては見た目が違うため、

分けて使っている人も居るそうな。
ただし、それを見分ける明確な定義は、

設けられていません。

うろこ雲の季節はいつ?

うろこ雲の季節は、秋ごろです。

理由として、うろこ雲は空気が澄んでいて、

かつ、気温がある程度あるときにしか出来ません。

夏は気温はありますが、空気が澄んでいないため、

夏にはうろこ雲が出来ません。

ただ、冬や春にもうろこ雲は出来る模様。

よって、秋だけに出来るというものではありません。

おそらくですが。

夏が終わり、秋になって現れるうろこ雲は、

秋の訪れを感じさせる雲なのかもしれません。

そのため「うろこ雲=秋の訪れ」と、

なったのではないでしょうか?

実際、うろこ雲は秋の季語としても、使われています。

スポンサーリンク

うろこ雲とひつじ雲の違いは?

うろこ雲とひつじ雲の違いは?

こちらはひつじ雲。

うろこ雲の話で、さば雲、いわし雲の話をしました。

しかし、もしかしたらあなたはその時

「ひつじ雲も仲間なの?」と思ったかもしれません。

たしかに、ひつじ雲も同じような形をしていますが、

ひつじ雲は高積雲。

よって、うろこ雲の巻積雲とは、

違うものと定義されています。

では、うろこ雲とひつじ雲の違いは、何なのでしょうか?

うろこ雲は、高度5キロ~13キロのあたりに出来る、

氷の結晶で出来た雲です。

また、うろこ雲は小さい塊が連なっているため、

太陽の光が通過すると言った特徴があります。

それに対しひつじ雲は、

高度2キロ~7キロあたりに出来る雲のこと。

また、一つ一つの塊が大きく、

雲の下側が灰色になる場合もあります。

そして、高積雲は雲の塊が大きいため、

太陽光があまり通過しません。

以上の3つの違いから、うろこ雲とひつじ雲は、

見分けることが出来るのです。

うろこ雲を英語でいうと?

うろこ雲で調べてみると、

英語で「cirrocumulus(sìroʊkjúːmjʊləs)」と

言うそうです。

○○ cloudというものを予想したんですが、

1単語で存在するんですね。

ただ、いわし雲で調べたら「mackerel sky」という言葉が、

出てきました。

どう考えてもこっちのほうが覚えやすいような・・・(笑)

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す