筋トレしたいけど風邪を引いてる。筋トレしていい?

「筋トレをしたいのに、風邪を引いてしまった。」

これを読んでいるあなたは、

おそらくそう思っていることでしょう。

そこで今回は、

  • 風邪を引いている時に筋トレをしていいのか?

について、説明していきます。

スポンサーリンク

筋トレは風邪を引きやすくする!?

まず、筋力トレーニングをすることにより、

風邪がひきやすくなる状態になることを、

知っておく必要があります。

実は、筋トレ直後、筋肉だけが疲弊するのではなく、

体の疲労が蓄積されます。

(筋トレをすることにより、

免疫力が高まることはあるでしょうが、

今回は筋トレ直後の話をしています。)

その結果、体にどのような変化が起こるかというと。

筋トレ直後は、免疫力が落ちるのです。

免疫力は、普段、私たちが生活していく上で、

ウイルスの感染を防いでくれる、大事なものです。

しかし、筋力トレーニングをすると、

免疫力が低下し、ウイルス感染を起こしやすくなるのです。

(理由については、後術します。)

また、筋トレ後に汗をかき、

体が冷えると、さらに免疫力が低下するのです。

実際に、ハードなトレーニングをするボディービルダーや、

アスリートは風をひきやすい傾向にあるそうです。

対策として、

ハードなトレーニングを行った後には、

グルタミンなどのエネルギー補給を

しっかりと行うこと。

グルタミンは本来、

私たちの体内で自然に生成されるものです。

しかし、激しい運動をすると、

その生成量よりも、消費量の方が上回り、

結果、グルタミンが不足します。

グルタミンが不足すると、白血球の機能が低下します。

白血球の機能が低下すると、ウイルスの免疫が低下し、

風邪をひきやすくなるということです。

なので、グルタミンを補ってあげることが、

大事なのです。

また、体は冷やさないようにしましょう。

先程も書きましたが、

体温が低下することにより、免疫力が低下します。

これに対する一番の対策は、

体を温めることです。

なので、筋トレ後は汗を拭いて、上着を羽織ると良いでしょう。

スポンサーリンク

風邪を引いた時に筋トレすると?

ここまでは、風邪を引かないための説明なのですが、

風を引いている間、筋トレは控えるべきです。

理由については、筋トレすることにより、

免疫力を低下させ、結果、

風邪を長引かせるおそれがあるからです。

ただし、軽い咳や鼻水程度であれば、

続けても問題ないでしょう。

風邪が治ったらすぐに筋トレしてもいいの?

これは、先程も書いた通り、

免疫力が低下し、風邪を長引かせるため、

治ってすぐに筋トレ行うのは、止めておいたほうが無難です。

では、いつ頃再開すればいいのか?

一般的には、平熱に戻って2~3日経ったあたりから、

再開するといいでしょう。

また、病み上がりの時に普段のトレーニングに戻すのではなく、

軽めのトレーニングから、徐々に戻していきましょう。

最後に、約1~2週間程度、筋トレをしていなくても、

使われなくなった筋力が、落ちることはありません。

なので、風邪の時は無理をせず、

休むことを徹底するようにしましょう。

筋トレについては以下の記事もどうでしょうか?

→アミノ酸の効果と摂取の時間は?筋トレや風邪にも!?

スポンサーリンク

コメントを残す