びまん性軸索損傷の予後とリハビリは?

びまん性軸索損傷の予後とリハビリ

前回、びまん性軸索損傷の症状について、

書いていきました。

→びまん性軸索損傷の症状は?CTとMRIのどちらで調べる?

今回はびまん性軸索損傷の予後とリハビリについて、

書いていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

びまん性軸索損傷の予後は?

びまん性軸索損傷の予後は、

昏睡状態の持続時間に比例します。

まず、昏睡状態が比較的短かった場合、

びまん性軸索損傷がリハビリで数年内に改善される割合は、

約8割と言われています。

それに対し、初期の昏睡状態が長いと、

後遺症が残りやすいようです。

一般的に、事故などで軸索に損傷を受けてから、

24時間以内に意識の回復がなく、

脳幹の障害が認められる場合は、

意識障害などの後遺症が、高確率で残ってしまうようです。

びまん性軸索損傷のリハビリ

先程も書きましたが、びまん性軸索損傷が、

基本的にリハビリで数年内に改善される割合は、

約8割と言われています。

びまん性軸索損傷のリハビリは、

頭部外傷のリハビリテーションと同様の措置が取られます。

簡単に言うと、

意識状態や全身状態の改善、安定、

さらに、二次障害の予防などが行われます。

では「一体どういったことをやるのか?」というと。

感覚刺激の入力の他に、

  • ベッド上での姿勢
  • 固定装具を用いた体の位置設定
  • 筋や関節ストレッチによる二次障害の予防

などを行っていきます。

できれば、初期の時点で、

患者さんの全体の障害を正確に把握。

そして、

「日常生活を安定して送るために、何が問題となるのか?」

を検討することをしていきます。

理由として、頭部外傷では、

運動麻痺や感覚障害は、

比較的見えやすい変化なので、分かるのですが。

頭部外傷により、注意力、記憶力の障害といった、

「目に見えない障害」が隠れていることも、少なくないからです。

びまん性軸索損傷で記憶障害が出ている場合は、

高次脳機能障害を患ってるため、完治は難しいです。

しかし、リハビリ次第では、

記憶障害の大部分が改善されます。

なので、あまりネガティブに捉えず、

「リハビリ次第で大分回復する」と、

考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

最後に、リハビリによる回復の早さは、

患者さんの性格によっても左右されるようです。

もちろん、ポジティブな方が早期回復しているのは、

当然のことです。

びまん性軸索損傷になった時のことを引きずっていては、

治す意欲も低下しますし、

リハビリに真摯に向き合うこともしないでしょう。

数年内に社会復帰出来ると考えれば、

意外と早いものです。

ぜひ、諦めずにリハビリを続けていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す