台風一過の秋晴れの意味と使い方は?なぜ晴れるの?

昨日は、台風一過の秋晴れですね。

とは言ってみたものの、

「台風一過って一体何?」という人も、

多いのではないでしょうか?

そこで今回は、台風一過の意味使い方

また「なぜ台風一過は晴れるのか?」について、

説明していきます。

スポンサーリンク

台風一過の秋晴れの意味は?

台風一過の意味は、

「台風が通りすぎた後、

空が晴れ渡り、快晴となること。」

という意味です。

よく、ニュースの情報を聞いたりしていると

真っ先に出てくる漢字が「一家」という漢字ですが、

実際には「一過」。

すなわち、通りすぎるという意味の漢字です。

これさえ抑えておけば、

台風の家族という勘違いは起こさないでしょう(笑)

さて、通常はこの意味で使われることが多いですが、

実は台風一過には、他にも意味があるようです。

まず、台風一過には

「騒動が収まること」という意味合いもあるようです。

確かに、騒動が一旦収まると、

晴れ晴れとした気分になります。

その晴れ晴れとした気分と、

台風一過の晴れ晴れとした天気を重ねて、

そのような意味合いになったのでしょうね。

秋晴れについても同様に、

秋の空が清々しく晴れるという意味合いが込められています。

→秋晴れについてはこちらの記事を参照

スポンサーリンク

台風一過の使い方は?

台風一過は、以下のように使われます。

「台風一過で気温も上がり・・・」

「台風一過の青空のもと、・・・」

また、台風一過は英語で

「clear weather after a typhoon has passed」

という意味で使われます。

「after a typhoon has passed」台風が過ぎた後に、

「clear weather」晴れる

という意味なので、そのままですね(笑)

なぜ、台風の後は晴れるのか?

日本の上空では、太平洋側にある高気圧と、

中国大陸側の高気圧が押し合っている状態となっています。

あなたも、朝や夕方のニュース番組で、

気圧が押し合っているような映像を、

何度か天気予報で見たこともあるかと思います。

その気圧と気圧の間(気圧の谷)を、

台風は通り過ぎていきます。

さて、台風が気圧の谷を通過すると、

台風が引き連れてきた高気圧が、

気圧の谷を満たします。

すると、低気圧だった気圧の谷が、

一気に高気圧に変わるため、

台風一過は天気が晴れ、気温が高くなるというわけです。

まあ、簡単に言ってしまえば、

台風が通ると高気圧になって晴れるってことです(笑)

低気圧になると雨になる理由は、

こちらの記事を読めば何となく分かるかも。

→温帯低気圧とは?熱帯低気圧との違いは?台風から変わるとは?

また、台風は通り過ぎて行く最中、

湿った空気を取り込んでいきます。

すると、もともとそこにあった湿った空気を、

台風は吸い込んで去っていくため、

乾いた空気に変化します。

よって、台風一過は、

空気が乾燥する傾向にあるのです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す