秋晴れの候の時期はいつからいつまで?意味や読み方は?

関東は本日も、秋晴れとなりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、そんな秋晴れという言葉ですが、

今回は

  • 秋晴れの候の意味や読み方は?
  • 秋晴れの候の時期はいつからいつまで?

ついて、詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

秋晴れの候の意味や読み方は?

そもそも、秋晴れとはどういう意味なのでしょうか?

秋晴れの意味は、「秋の晴天」という意味があります。

そのままですね(笑)
秋晴れは、気候の影響で、

雲が少なく、空気が乾いているのが特徴です。

これを読んでいるあなたも「秋晴れ」と聞いて、

秋の爽やかな青空を想像したのではないでしょうか?

また、秋晴れは類語として、

秋日和(あきびより)という言葉もあります。

さて、そんな秋晴れですが、

手紙の文頭などにおいて、

「秋晴れの候」という言葉を使ったりします。

この「秋晴れの候」の読み方は、

「あきばれのこう」と読みます。
この『候』の字には、

気候という意味が込められています。

スポンサーリンク

秋晴れの候の時期はいつからいつまで?

さて、秋晴れの候は時候の挨拶ですから、

当然ながら使える時期も、ある程度決まっています。

といっても、

それほど厳密なものでもありませんが(笑)

一般的に「秋晴れ」や「秋晴れの候」は、

10月に用いる時候の挨拶です。
ちょうど、今が使いどきですね。

なので、10月初めから10月終わりまでが、

秋晴れの候の時期となります。

そこまで厳密に決まっているではありませんが、

一応参考までに。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す