日本一広い砂丘は青森県にある!?

あなたは、日本一広い砂丘といえば、

どこだと答えますか?

このように聞かれたら、

おそらく「鳥取砂丘」と答えるでしょう。

現に、この記事を書いている私も、

同じように思っていました^^;

しかし、実は日本一広い砂丘は、

鳥取砂丘ではないのです。

そこで今回は、日本一広い砂丘について、

詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

そもそも、砂丘って?

砂丘とは、風によって運ばれた砂が蓄積して出来た、

丘状の地形のことを指します。

砂丘ができやすい条件として、

  • 風が強いこと
  • 空気が乾燥していること

この2点が、砂丘の出来やすい条件となります。

砂丘にはいくつか種類があるのですが、

日本にあるほとんどの砂丘が「海岸砂丘」と呼ばれるものです。

日本一広い砂丘は青森県の猿ヶ森砂丘!?

日本一広い砂丘は、

青森にある猿ヶ森砂丘(下北砂丘)というところです。
その猿ヶ森砂丘の画像が、以下のとおりです。

猿ヶ森砂丘

ちなみに、鳥取砂丘が、以下の画像です。

鳥取砂丘

見た目はそれほど変わらないような感じですね。

映像も発見したので、こちらをご覧ください。

ご覧のとおり、とても広いのがわかります。

スポンサーリンク

鳥取砂丘と青森の猿ヶ森砂丘を比較してみた

では、青森県の猿ヶ森砂丘は、

一体どのくらい広いのでしょうか?

まずは鳥取県の砂丘の広さから。

鳥取県の砂丘は、南北2.4km

東西16kmに広がる、日本最大の観光砂丘として知られています。

では、猿ヶ森砂丘はどうでしょうか?

青森の猿ヶ森砂丘の幅は1~2km、

総延長は約17kmとされています。

これだけだと青森の方が狭いように思いますが、

ヘクタールで既に測っている情報を見つけました。

その情報によると、

鳥取砂丘の面積は、約545ヘクタール。

それに対し、

猿ヶ森砂丘の面積は、なんと約15000ヘクタール!

猿ヶ森砂丘は、

鳥取砂丘のおよそ28個分の大きさです。

なぜ、猿ヶ森砂丘はあまり知られてないの?

これほどの大きな猿ヶ森砂丘ですから、

もしかすると、これを読んでいるあなたは、

「行ってみたい!」と、思ったのではないでしょうか?

しかし、実は青森にある猿ヶ森砂丘は、

立入禁止で入ることが出来ません。

実は、この猿ヶ森砂丘の近くには、

防衛省の試験場があるそうです。

正確には、防衛省技術研究部下北試験場というそうで、

ここでは色々な軍事演習を行っています。

当然、弾道試験場の敷地にもなっているため、

そんな中に一般人が立ち入ったら危ないわけですね。

なので、防衛省の管理下にあり、

一般人の立ち入りが禁止されているそう。

これが、猿ヶ森砂丘の知名度が、

極端に低い理由というわけです。

ちなみに、鳥取砂丘についての記事もあるので、

参考までにどうでしょうか?

→鳥取砂丘のラクダの料金は?予約は必要?営業時間と体重制限はある?

→鳥取砂丘会館の営業時間は?近くに駐車場はある?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントを残す