セイタカアワダチソウでアレルギー!?ブタクサとの見分け方!!

今日、たまたま調べものをしていると、

セイタカアワダチソウに、

アレルギーとの話題を発見しました。

この話は本当なのか?

今回は、セイタカアワダチソウについて、

詳しく調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

セイタカアワダチソウとは?

セイタカアワダチソウとは、キク科の多年草。

アメリカではかなり人気の草?で、

州花としても指定されているほど。

日本に導入された理由は諸説あり、もともと観賞用に導入された説。

また、蜜源植物として優秀だったため、

養蜂業者が種子を散布したことにより、増えたという説もあります。

セイタカアワダチソウとアレルギーの関係は?

まず、セイタカアワダチソウのアレルギーについて、

調べてみたところ・・・。

セイタカアワダチソウに、

アレルギーといった類は、発見されませんでした。

むしろ、セイタカアワダチソウには、

アトピーや喘息、胃腸病などに対し、『良い作用』があるようです。

しかしなぜ、そんな良い作用を持ったセイタカアワダチソウが、

アレルギーの話題に上がったのでしょうか?

実は、このセイタカアワダチソウには、

ある「濡れ衣」を着せられたようなのです。

それが「ブタクサ」です。

セイタカアワダチソウはブタクサとソックリ!?

ブタクサについては、

知っている人も多いのではないでしょうか?

花粉の時期、猛威をふるう、

あのブタクサです。

ブタクサの場合は、セイタカアワダチソウとは違い、

アレルギーが併発する恐れがあります。

具体的には、スイカやきゅうりなどの『ウリ科』に属する食べ物や、

その他果物を摂取すると、

唇や口の中、喉などが痒くなったり、腫れたりするそうです。

また、極稀に、一度に大量の花粉を取り込むと、

アナフィラキシーショックを起こすことも。

おそらく

「セイタカアワダチソウのせいでアレルギーになる。」

という噂は、このブタクサと混合してしまっているのでしょうね。

スポンサーリンク

セイタカアワダチソウとブタクサの見分け方!!

ではここで、セイタカアワダチソウとブタクサの画像について、

お見せします。

↓それがこちら↓

セイタカアワダチソウ

ブタクサ

さて、どちらがセイタカアワダチソウで、

どちらがブタクサでしょうか?

おそらくですが、多くの人が一番目の画像を、

「ブタクサ」だと思っているのではないでしょうか?

実は、1番目の画像がセイタカアワダチソウで、

2番目の画像がブタクサだったりします。

セイタカアワダチソウとブタクサの見分け方は、

意外と簡単ですよね。

そもそも“色”が違います。

しかし、これだけ違うものなのに、

なぜ間違えられたのでしょうね?

一説によると、セイタカアワダチソウも花ですから、

当然ながら花粉を飛ばします。

(といっても、害はないのですが。)

その花粉を飛ばす光景を見て、

「ブタクサと勘違いしたのではないか?」

というのが、今のところ有力ですね。

まあ、色も黄色くて、

こんな色の花が、花粉ドバドバ撒き散らしてたら、

害があるように見えますからね^^;

とはいえ、実際は害がないものなので、

これを機に、誤解が解ければ幸いです!

花粉について、以下の記事も多く読まれていますよ。

スポンサーリンク

この記事に関するコメント

  1. tamari より:

    なるほど セイタカアワダチソウは ここ埼玉でもよく見かけます。
    でも、私自身 ブタクサは知らない。日本蜜蜂の保護活動をやっていて
    セイタカアワダチソウは、10月ごろ花が咲き、蜜蜂を飼育している
    人達の間では、その蜜は臭いし美味しくないともっぱらの悪評です。
    最近ネットで、実はブタクサがその犯人だと聞かされました。
    となると、セイタカアワダチソウはどうなのだ?蜂飼いさん達の間では
    極めて不評ですが。どちらも似た花だけに、どちらも蜂飼いさんには
    不評なような気がします。これらの花が咲く前に採蜜した方がいいと
    言われています。やはりどちらの草もダメな気がしていますが。

コメントを残す